いっとくHomePage!
自転車専用サイト

トップ 最新 追記

2013年08月04日(Sun) edit

[STRiDA LT] STRiDA LT その10「VELO Plush VL6146を試す」

VELO Plush VL6146

 いろいろとサドルを変えてきましたが、ようやく落ち着きそうです。

 ひとまず、これまで試してきたサドルは以下の通り。

  1. 純正サドル
  2. 純正革サドル(レザーかも)
  3. 家で余っていたサドル

 純正革サドルは、悪くはなかったのですが、Brooksに比べてカチカチに硬いのが、ちょっと難ありでした。これまで書いてきました通り、STRiDAはサドルに体重のほぼ全てが乗る自転車です。お尻の痛みを抑えるには、時折お尻を浮かせて、うっ血した血流を流したり、骨盤を立てたり寝かしたりして位置を変える必要がありますが、STRiDA(+純正革サドル)の場合、骨盤を後ろに寝かせるのは出来るのですが、立てるのは苦手のようです。(あくまでも私の場合です)

 純正革サドルで骨盤を立てると、尾てい骨がダイレクトにサドルに当たり、すぐにそこが痛くなってしまいます。よって、骨盤を後ろに寝かせたポジションをとり続けることになるのですが、そうすると腰にきてしまいます。

 これを防ぐには、骨盤を立てても痛くないサドルを見つけるしかありません。それは何か。要するに、柔らかいサドルにするのです。しかし、サドルというのは柔らかければいいというものでもありません。こればかりは、いろいろ試してみるしかないのです。

 とはいえ、先達たちの知恵を借りないのもまた無駄な出費を重ねるだけ。ということで、ネットでSTRiDAオーナー達のブログを読み漁り、比較的評価の高かったこれを買ってみました。

VELO Plush VL6146 男女共用サドル

 当然、STRiDAオーナー達の取り付け実績がありますので、取り付けに関しては何の不安も無し。すぐに付きました。そしてひとまず15kmほど、1時間をほぼノンストップ(=座りっぱなし)で試走してきました。

サドルを変えたSTRiDA。これでお尻の痛みとはさようならか?

 結論から書けば、「もうこれでサドル交換しなくてもいいかな」です。ま、15kmだけじゃ何もわからないに等しいのかもしれませんが、これだけ座りっぱなしで不安が無いのですから、恐らく30km位は行けるでしょう。慣れたら50kmも不可能じゃありません。

 これでお尻の痛みから来る不安は無くなりました。後は距離を重ねるだけです。いやもう、今からワクワクしてきますね。

 状況が変わったらまたレポートします。

2013年8月7日追記

 その後、30km弱を数回走行してみました。かなりいい感じですね。どれもほとんど休憩無しで行けましたので、逆に休憩を上手く取っていけばもっと距離が伸ばせると思います。

 ただ、エラストマー辺りでギシギシ音がします。結構気になります。あまりに止まらないようでしたら、全体的にスプレーオイルでも吹いちゃおうかな? ま、しばらく様子を見てみます。

追記ここまで

2013年8月16日追記

 その後、エラストマー部分、サドル先端のレール接続部にシリコンスプレーを吹いてみたところ、ギシギシ音は消えました。

追記ここまで


2013年08月25日(Sun) edit

[STRiDA 5.0] STRiDA 5.0 その1「STRiDA 5.0HT フラワーを追加購入」

STRiDA 5.0HT

 STRiDA LTを購入してからもう4ヶ月程。これ程に楽しい自転車があっていいものか!と、日々Twitterで自称エバンジェリストよろしく、見ず知らずの人に声をかけ「STRiDAいいでっせ」とつぶやいて来ましたが、なんとミイラ取りがミイラ、自分が新たにSTRiDAを追加購入してしまいました。

 とはいえ、これは妻用。もとは妻用にはBROMPTON P6Rを買う予定でいたのですが、いつまでも上がらない給料。そして出ないボーナス。このままではいつまでも買えないだろうと諦めかけていました。

 そこへ突然舞い降りたSTRiDA LT(自分用)。これはいい! と、考えるに、まぁ、妻となら距離も走らないし、峠も行かないし、STRiDAで十分じゃね? という結論に達するのには時間がかかりませんで…。

 でまぁ、色どうしようかと。最新のLTのカタログを見ていたのですが、どうにも食指が動かないみたい。そういえば過去のモデルで変わったカラーのがあったよなと、検索していた所、妻の目に留まったのが、この[STRiDA 5.0HT フラワー]というわけです。

 あちこちショップを検索してみたのですが、モデルがやや特殊なこと、STRiDAを扱っているお店はあまりサイトでの在庫管理をきっちりやっていない所が多く、いちいち電話で問い合わせるのも面倒。じゃあもういいや、Amazonで買いましょう。

 ポチったのが8月23日の深夜。到着がなんと25日。LTを買ったサイクルベースあさひでは納期が8日であったことを考えると半端ないですね。

仕様の違い

 STRiDA LTとの主な違いは以下の通りです。

パーツ名STRiDA LTSTRiDA 5.0HT
クランクプラスチック製純正アルミクランクセット ST-CW-003
ペダルプラスチック製純正アルミ折り畳み
サドルビニール張り純正スプリング付きレザーサドル
キャリアプラスチック製純正アルミキャリア
テールライト反射板純正フラッシャライト
ヘッドライト無し純正ヘッドライト ST-FLT-003

外観

 さて、届いたSTRiDA 5.0HT、どんな外観でしょう。

外箱

 サイクルベースあさひとは違い、純正の(?)段ボール箱に入ってきました。そうそう、この箱が欲しかったのだ〜。

開封の儀

 開封の儀。やけにシンプルに収まっているなと思ったら、サドルやサドルベース、キャリア、ペダル等が外れた状態でした。なるほど。

 LTをいじっていたからなんとかなったけれど、初めてがこれだったらちょっとパニクっていたかもしれないなぁ。

 そう考えると、サイクルベースあさひさんのあの梱包は実に親切だったことがわかる。

全景

 全景です。今回のはフラワーといって、全面に花柄がプリントされています。

 パーツの違いはどんなものでしょう。

アルミクランク

 アルミクランクです。なかなか良い質感ですね。ペダルも純正折り畳みペダルです。

アルミキャリア

 サイドガードはありませんが、アルミ製のキャリアです。プラスチック製の5kgから10kgに耐加重が上がります。

テールライト

 フラッシャ式のテールライトです。多分純正かな?

レザーサドル

 LTのエントリーでは牛革と書いていますが、多分レザーでしょう。(^_^; スプリング付きです。

ヘッドマーク

 LTとは違うヘッドマークが付いてます。

ヘッドライト

 STRiDAのロゴが入った純正ヘッドライトです。性能は…まぁこんなものだろうという感じですね。(^_^; 単四電池×3本です。

花柄アップ

 花柄アップです。なかなか派手ですね。クオリティはイマイチで、一部ピントがぼやけたような仕上げになってしまっています。残念。

LTと5.0HT

 2台並べてみました。

 これからいろんな所を走ってみたいと思います。もう一つ輪行袋を買わなくては。


ブログ内全文検索(grep.rb)

ブログ内全文検索(search.rb)

検索結果が出るまで、時間がかかります。ごゆっくりお待ち下さい。

ブログ内全文検索(grep.rb)

ご注意

 下記、車種別リンクから、お好みの車種を選んでご覧ください。

 当ブログに掲載している写真及び、文章の無断転載、そして画像への直リンクは一切お断りいたします。もし、二次利用されたい場合は、個人、商用に関わらず、コメントよりお願いします。

 また、現在このブログではトラックバックを受け付けておりません。

車種別リンク

最近のエントリー

最近のツッコミ

アクセスカウンタ

 合計:
 今日:
 昨日:

カテゴリ

Image Gallery

Google検索

 サイト検索は、Google メインインデックスのサブインデックス内で行われます。更新時期や頻度は不定期で、すべてのページがクロールされるとは限りません。

 検索結果がNot Foundの場合、検索結果へ戻ってキャッシュをクリックしてみてください。

Google
WWW を検索
このブロブ内を検索

その他のサイト

いっとくHome Page!(本家)
↑xoopsテスト用に設置しています。特に何もありませんけど…。

いっとくの戯言書庫(ブログ)
↑自転車の日常の話題はこちらでも。

memo

タイヤ周長一覧(実測値)

STRiDA LT (Primo Comet 16inch 1.35 HE 37-305) : 未計測

Raleigh RSW Special (Primo comet 20inch 1.35 HE 37-406) : 1450mm

BROMPTON S2L (SCHWALBE KOJAK 16inch 1 1/4 WO 32-349) : 1280mm

トップ 最新 追記

1997|03|04|05|06|08|
1998|04|05|12|
1999|06|07|08|09|11|12|
2000|01|02|03|04|05|09|10|11|12|
2001|05|06|07|09|10|11|12|
2002|02|03|04|07|08|
2003|10|
2005|11|
2007|12|
2008|01|04|09|10|11|
2009|04|05|06|09|
2010|02|07|08|09|
2011|06|07|09|
2012|01|02|03|
2013|04|05|07|08|09|11|
2014|01|03|04|11|12|
2015|07|
2019|02|