いっとくHomePage!
自転車専用サイト

トップ 追記

2015年07月16日(Thu) edit

[STRiDA LT] STRiDA LT その15「純正折り畳みペダルを三ヶ島FD-7へ変更」

三ヶ島折り畳みペダル、FD-7

 2013年に、台湾より純正折り畳みペダルを買ったのですが、最近、左側のペダルが、クランク1回転ごとに「カツッ」という手応え(足応え?)がありましてね。そろそろ交換時かなと。

 純正の折り畳みペダルはデザインは良いのですが、いくつか欠点があります。まず、片手での展開・収納が出来ません。かならず両手で開く、畳む必要があります。また、両側に開くために展開すると面積を広く取り、輪行袋に入れる際に、向きを気にしていないと邪魔臭いのです。

 三ヶ島ペダルですが、意外と軽く、剛性感もあって、良い感じです。まだ走り込んでいませんが、とっととこれにしておけば良かったな〜なんて思っています。折り畳んだ際の出っ張りが意外とありますが、これが剛性感に繋がっているのでしょう。恐らく輪行袋に入れる際には邪魔にはならないかな? と思います。この辺、何かあればまたここで更新します。

 気に入ったら妻のSTRiDA 5.0HTにも着けようかなと思います。

2015年7月17日追記

STRiDAに取り付けてみる。

 ということで、取り付けてみました。出っ張りは言われている通りですが、思ったほどの飛び出しは感じないです。まぁ覚悟していたというのは大きいかと思いますが。

 純正は片手での展開・収納が出来ないと書きましたが、これは出来ます。収納はちょっとコツがいりますが、すぐ慣れるでしょう。非常に良い感じです。多くの人にお勧め出来るかなと思います。

追記ここまで


2014年12月11日(Thu) edit

[STRiDA LT] STRiDA LT その14「Q/R SEAT MOLDING ST-QRS-001を導入」

いろいろ買い込んだ。

 2013年に、台湾よりオプションパーツをたくさん買い込んだのですが、今回もまたお世話になろうと、サイクルショップ ギアステーションのサイトを見に行ったところ、なぜかSTRiDAのSの字も見当たらない。おかしいな、取り扱いやめちゃったのかな。とりあえず連絡してみよう。と、メールしてみました。

 すると案の定、日本の代理店からクレームが入ったとのことで、ページを引き上げたのだとか。思えば確かに、サイクルモードが終わった辺りからAmazonでもSTRiDAパーツが半端なく値上げしているような気がしていたので、正式な輸入代理店が決まったのかもしれません。(価格高騰がそのせいかは実際はわかりませんが)

 でまぁ、サイトは無いけれども、今まで通り購入可能ということで、今回もギアステーションさんにお願いしました。欲しいものの型番があらかじめわかっているのであれば、問い合わせされるのをお勧めします。台湾の公式サイトに載っているものならば扱いはあるそうです。

STRiDA 台湾
http://buy.strida.tw/tw/products/?method=listing&sid=2

商品の型番や名前等をリスト化しておきます。そして、

http://gearstation.sakura.ne.jp/

 のサイドバーにある[e-mail to gear station]と書かれたリンクからメールが送れますので、在庫確認と見積もりをお願いしてください。お店は台湾ですが、日本語が通じますし、メールもすべて日本語で大丈夫です。(担当の方は日本人なのかしら?)

 日本代理店を通すことで、日本の流通が潤うことは確かですし、サポートの面でも安心面がありますが、個人輸入は自由ですから、誰に文句を言われる筋合いはありません。日本でも台湾でも、私は好きな所で購入したいと思います。東日本大震災のお礼もありますしね。個人的には台湾は応援したいぞと。

 今回購入したのは以下の通り。

  • Q/R SEAT MOLDING ST-QRS-001
  • ST-BB-002(妻の5.0用輪行袋)
  • BM-113(純正バックミラー)

開封の儀

 STRiDAの欠点の一つとして、サドル高の調整がとても面倒臭いというのがあります。これを解決するのがST-QRS-001です。クイックリリースでサクッと調整可能。

画像説明

 今回純正のバックミラーも買ってみました。STRiDAは操縦性がやや安定性に欠ける(そこが楽しい)のですが、そのために後方確認がおざなりになりがちです。個人的にはSTRiDAにバックミラーは必須と考えます。が、なかなか良いのが見つからない。

 何かと後回しになっている間に、純正が出てきたので試してみようかなと。
 左右で1セットなのですが、我が家にSTRiDAは2台ありますので、左用を右につけて2台に装着します。片方は上向き、片方は下向きにすることでそれが可能です。自転車ですから基本的に右側後方さえ注意出来れば大丈夫でしょう。

前から見るとこう。

 前から見るとこんな感じ。ロゴが傾いでしまいますね。

左用を右につけてみた。

 こちらが左用を右につけた状態です。まぁ、ちょっぴり見辛くなりますが、使用に問題無しです。

 相変わらずレスポンスが早いギアステーションの担当者の方と数通メールをして見積もりをいただき、振り込みをして、発送完了メールが来るまでにわずか2日。相変わらず早いです。

 今回はさらに、配送力もまざまざと見せつけられました。なんと発送メールの翌日に届きました。びっくり。やるなOCS。

 通関での追加費用もかかりませんでした。

Q/R SEAT MOLDINGを取り付け。

 てことで早速[Q/R SEAT MOLDING]を取り付け。時間が取れなくて作業中の写真はありません。あしからず。まぁ難しいことはありません。同梱品に説明のPDFが入ったCD-ROMがありますが、説明は英語です*1ので、イラストだけでは細かいニュアンスがわかりません。ひとまずネットを彷徨ったら日本語のも見つけられましたので、注意点を簡単に。

  1. シートピンの緩みが無いことを確認。
  2. 中央部にねじ込む丸形ネジのトルクは10kgf/cm/1Nmとのこと。
  3. 赤いロッキングレバーは上から挿入。ピンが隠れるまで(←これ重要)押し込む。
  4. 最後にCの形をした「Cスロット」を差し込みますが、案外片方しか入っていなかったりするのでご注意を。そのままだと走行中に落下すると思います。
  5. Q/Rレバーは適度に締め付けるように。緩いと破損、ぐらつきの原因となります。
  6. サドルを固定するボルトは、締め付け過ぎに注意。

 以上、これでサドルの高さ調整が楽になりました。ある程度のペースで走りたい時は高めに、ゆっくりポタリングしたい時は低めにして足つき性を上げる。こういう使い方も普通の自転車では考えつかないことですね。

 さぁ、寒くてもサイクリングだ!(希望)

*1 日本語のフォルダがあるんですが、肝心の説明書は英語でした。


2014年11月09日(Sun) edit

[event] サイクルモード2014

 今年もこの日がやってきました。

 なにやら事前のネットでは、大手が出てきていないので、結構評判が悪かったですが、行ってみないことにはわからない。

 ということで、先に結論。

 大手の最新ロードが無いのはまだ良い。しかし好みのランドナーやツーリング車すらも少なかったのはちょいとがっかり。パーツ類もあまり元気が感じられなく、これはもしかしたら来年は無いかもしれない…というか、無くても納得の内容。

 それと、やっぱりSTRiDA好きだなぁと。

会場の様子

 入り口付近の様子。毎年わくわくですね。

パンターニのウィリエール

 おおお、パンターニのウィリエールが!!!

 パンターニが亡くなったのは2004年の2月14日。今年は10年目だったんですね。

 未だドーピング疑惑についてはモヤモヤとしたものを感じますし、死因も他殺説が残る中、英雄視する人は多いようです。かくいう私もその一人。

パシュレー

 目を引いたのが、このパシュレーのカーゴバイク。その名をDelibikeと言い、180,000円+TAXだそうです。

BROMPTON

 今年のミズタニは、BROMPTONの展示のみでした。代理店の契約絡みだったかなんだかで、BD-1の販売を終了するとか聞いていますが、日本で人気が高いだけに、今後どうするんですかね。r&mが直販でもするんですかね。

STRiDA

 そして今年のSTRiDA。カーボン版が登場か! と見に行ってみたんですが、カーボンは「ハンドルバー」「ブレーキレバー」「クランク」「ホイール」のみということで、それ以外は従来のまま。それで9.0kgだそうです。これで25万円。LTが10.6kgですから、まぁ、微妙な重量ですねこれ。(^_^; しかし、カーボンホイールだけでも118,000円+TAXってんですから、それを考えるとお買い得? まぁ自分ならEVO買います。

パナチタン

 パナソニックのチタンです。お金が有り余ってしょうがなくなったら買ってみたいです。(笑)

 こんなところですかね〜。見所がない分、写真も少なめです。

 以下はinstagramから1枚だけ。

STRiDAのチューブが補強されてる

 いつからかわからないけど、 #STRiDA のダウンチューブに相当するところ、太くなって補強されてるね。

 なにやら、無理な乗り方をすると、この付近が破断するという話もありましたので、この補強は安心材料ですね。自分のがどうなるかわかりませんが、折れたらとっとと新しいのが欲しいところです。(笑)

 ということで、今年は以上です。アラヤさんが出ていなかったのが悲しいですが、なんですかね、売れてないんですかね。サイクルショップでは良く見かけるんですけども。サイトもこのタイミングでまだ2015年モデルのサイトが出来上がっていませんし、なんだか雲行きが…。(^_^;

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

パパごん関西 [こんにちは。知人から譲り受けたSTRiDA(2014モデル)に、 先月から乗り始めた者です。 カラーも同じクリー..]

いっとく [>パパごん関西 さん こんにちは、コメントありがとうございます。 返事が遅くなってごめんなさい。 確認して..]


ブログ内全文検索(grep.rb)

ブログ内全文検索(search.rb)

検索結果が出るまで、時間がかかります。ごゆっくりお待ち下さい。

ブログ内全文検索(grep.rb)

ご注意

 下記、車種別リンクから、お好みの車種を選んでご覧ください。

 当ブログに掲載している写真及び、文章の無断転載、そして画像への直リンクは一切お断りいたします。もし、二次利用されたい場合は、個人、商用に関わらず、コメントよりお願いします。

 また、現在このブログではトラックバックを受け付けておりません。

車種別リンク

最近のエントリー

最近のツッコミ

アクセスカウンタ

 合計:
 今日:
 昨日:

カテゴリ

Image Gallery

Google検索

 サイト検索は、Google メインインデックスのサブインデックス内で行われます。更新時期や頻度は不定期で、すべてのページがクロールされるとは限りません。

 検索結果がNot Foundの場合、検索結果へ戻ってキャッシュをクリックしてみてください。

Google
WWW を検索
このブロブ内を検索

その他のサイト

いっとくHome Page!(本家)
↑xoopsテスト用に設置しています。特に何もありませんけど…。

いっとくの戯言書庫(ブログ)
↑自転車の日常の話題はこちらでも。

memo

タイヤ周長一覧(実測値)

STRiDA LT (Primo Comet 16inch 1.35 HE 37-305) : 未計測

Raleigh RSW Special (Primo comet 20inch 1.35 HE 37-406) : 1450mm

BROMPTON S2L (SCHWALBE KOJAK 16inch 1 1/4 WO 32-349) : 1280mm

トップ 追記

1997|03|04|05|06|08|
1998|04|05|12|
1999|06|07|08|09|11|12|
2000|01|02|03|04|05|09|10|11|12|
2001|05|06|07|09|10|11|12|
2002|02|03|04|07|08|
2003|10|
2005|11|
2007|12|
2008|01|04|09|10|11|
2009|04|05|06|09|
2010|02|07|08|09|
2011|06|07|09|
2012|01|02|03|
2013|04|05|07|08|09|11|
2014|01|03|04|11|12|
2015|07|
2019|02|