いっとくの戯言書庫

自転車とディズニーとカメラとAppleとウクレレとギター好きのブログです。

 過去のエントリーはこのページ下端にリンクがあります。
 当ブログでは「Amazon.co.jp アソシエイト」を利用しています。

最新 追記

2014年04月01日(Tue) [長年日記] edit

今月の体重測定

 全員少し減りました。軽いダイエットの成果ですが、いちごは減り過ぎたかな。調整が難しい。

三毛
たま(♀)
茶シロ1
小竜(♂)
茶シロ2
小虎(♂)
茶シロ3
いちご(♂)
2013年5月1日3000g4700g4600g4500g
2013年6月9日3000g4700g4600g4500g
2013年7月8日3000g4700g4700g4600g
2013年8月4日3000g4700g4700g4600g
2013年9月1日3000g4700g4600g4600g
2013年10月5日3000g4600g4600g4600g
2013年11月7日3100g4700g4600g4500g
2013年12月3日3000g4700g4600g4500g
2014年1月3日3000g4700g4600g4500g
2014年2月3日3000g4600g4500g4400g
2014年3月2日3000g4600g4500g4400g
2014年4月1日2900g4500g4400g4200g
category:

2014年04月07日(Mon) [長年日記] edit

YAMAHA SB-200の動作テスト

YAMAHA SG-1000Nと、YAMAHA SB-200

 某顔本な所で、「エフェクターは揃ったけど、アンプが無い」と書いていたら、行きつけの自転車店の社長が、使っていないギターアンプを貸してくれました。ありがとうございます。

 ということで昨日受け取りに行き、SB-200の動作テスト。の、前にアンプ直挿しでSG-1000Nのテストから。とりあえず問題無し。バイサウンドシステムも壊れてない。

 でもってSB-200を接続。

 ……音が出ない。○| ̄|_ バイパススイッチを押すと音が出るので、エフェクターを通るどこかで止まっているのか。てことでジャンパープラグで一つずつ切り分けて行ったら、ディストーションとアナログディレイが原因らしいと判明。

 ディストーションは、しばらくガリノイズを取っていたらだいぶ復活。しかしたまにザリザリ言いながら途切れてしまうことがある。歪み方もあまり好きではないので、これはダメかな。しかしながら、ディストーションをオフにしてても途切れるので、もしかしたらこの原因はSB-200の方にあるのかもしれない。

 アナログディレイは、ディレイ音は出るのに原音が出てこない。ボリューム類のガリノイズを取ってもダメっぽい。原音をバイパスさせるどこかの回路が逝ってしまったのか。高かったのになぁ。どうにもならないので、SB-200から切り離した。

 その他、コンプレッサー、オクターバー、コーラス、フランジャー、ボリュームペダルは無事っぽい。てことで、早速音出し状態でギタ練。

 しばらく弾いてみたけど、どうにもディストーションがいかんね。音が嫌い。

 ということをTwitterに書いていたら、また社長がオーバードライブを貸してくれるとな! 動作確認してからって言っていたので、楽しみにしていよう。

 んで、SB-200はデカイし使えるエフェクターがわずかだし、足りてないエフェクターは絶版で今はもう買えないし…ということで、SB-200とは切り離して、もっと縮小してもいいのかもしれない。

 今後使いそうなエフェクターは、

  • コンプレッサー
  • オーバードライブ
  • コーラス(無くてもいい)
  • ディレイ、またはリバーブ

 くらいなので、少しずつBOSSで買い直してもいいのかな。少なくともコンプレッサーとコーラスは、今のを使えるしね。

 とにかくは、資金繰りなんとかしよう。(^^;

category: Guitar

今後欲しいエフェクター

 さて、SB-200がもうダメっぽいので、前回書いた、今後必要と思われるエフェクター(下記)を揃えていきたいなと。

  • コンプレッサー
  • オーバードライブ
  • コーラス(無くてもいい)
  • ディレイ、またはリバーブ

 で、どんなのがいいのかちょっと調べてみました。

コンプレッサー

 特にこれと言って要望はないので、SB-200からコンプレッサーを取り外して単体使用でもいいかなと。もしくはMXR DynaComp M-102か、BOSS CS-3ですかね。

 

オーバードライブ

 オーバードライブ、もしくはディストーションという歪み系エフェクター。こちらはこだわりがあります。が、文章にするのが難しい。強いて言えばキメの細かい、デリケートな感じ? 難しいねぇ。いずれにしても、ディストーションじゃない、オーバードライブ系の方が早く好みに到達出来るかも。

 実際にはお店で試奏するのが一番ですが、試奏する程の腕があるわけでもないので、今後Youtubeなんかで音を確認して決める事になりますかね。

 BOSSのオーバードライブ系はこの辺かな?

    

ディレイ/リバーブ

 高中正義氏と言えば、ロングディレイにボリュームペダルによるバイオリン奏法が有名*1ですが、それも然ることながら、家の小さなアンプで鳴らすには、残響が無くてちょっと寂しい…というのを補うためにも必要であります。

 なわけで、選ぶとしたならリバーブ効果も得られるディレイ系となるのでしょうが、これがまた最近じゃいろいろあり過ぎて、何にしたらいいのかさっぱりわからない。

 BOSSならば、現在コンパクトタイプはDD-3とDD-7の2種しかないのですが、これでもどちらにすべきか本当に迷う。

 ロングディレイなんてそんなに使わないし、ライブなんてしないからアナログディレイでもいいのかも。となると、さらに選択肢が広がって、もうわけがわかりません。

 とりあえずちょいと調べた所で出て来たのを羅列。

    

 Dyna Compで有名なMXRはアナログディレイ。BOSSのデジタルディレイよりもややお安目。BOSSのDD-7は機能が多過ぎてもうわからん。きっと使わない機能の方が多いだろうから、DD-3の方がわかりやすいかもしれん。これにRV-5を足してやるのが一番いいのだろうけれど、2台買うと結構な額に。

 とりあえずDD-3を先に…ってことになるのかな。

番外編

 BOSSにするならボードも欲しいところです。別に持ち歩いたりする予定は無いですが、ACが使えるのは利点。

 そして、ディレイを買うならボリュームペダルも一緒に。とりあえずはSB-200に付いているコンパクトエフェクター型ボリュームペダル、MP-01を併用することになるのでしょう。BOSSのボリュームペダルは4種類あって、今の所違いを良く理解してません。(^_^;


 ということで、まぁ、長々と書きましたけど、実際に買うのかとなると何ともです。とはいえ、歪み系だけは変えたいので、先にその辺から手を付けることになるのかな〜。

*1 この間CSでやっていた60th Anniversaryライブでは、過去なら絶対ロングディレイをかけていたであろうシーンでも使ってなかったです。もしかして飽きちゃったのかも。

YAMAHA ANALOG DELAY AD-10の修理を考える

 ディレイ/リバーブ系のエフェクターは高い。すぐに買えるような価格ではありません。しかし、やっぱりすぐにでも欲しい。

 と、いうことで、壊れているYAMAHA ANALOG DELAY AD-10の修理を頼めないかと、YAMAHAにメールしてみました。ちょうど問い合わせフォームがあったので、それを利用。

 内容はこんな感じ。もう修理受付すら終わっている(終わっていてもおかしくない)のなら、ここで諦めもつきます。

YAMAHA ANALOG DELAY AD-10というアナログディレイの修理についてお伺いします。

しばらく使わずにしまっていたのですが、久しぶりに電源を入れてみた所、ディレイ音は出るのですが、原音が出ないという不具合が発生しました。

この製品も古いものですが、まだ修理は受け付けていただけるのでしょうか。
また、見積もりに関してもお願い出来るのでしょうか。

以上、よろしくお願いします。

 さて、どんな返事が来るのでしょうか。

category: Guitar

YAMAHA ANALOG DELAY AD-10の修理を諦める

 続き。その日の夜に返事が来まして、かいつまんで書く*1とこんな感じです。

  • 生産終了から30年が過ぎており、修理に必要な部品の在庫の供給が終了。
  • よって、修理の受付が出来ない。
  • このような返答となって申し訳ないが、長年弊社商品を愛用くださり感謝。

 まぁ、そうでしょうなぁ。(笑) 電気製品って補修部品のストックが6年くらいだったっけ? まぁ10年だとしても間に合ってない。

 でも、せめてどこがいかれているのか調べてくれてもなぁ。という思いはあるんだけど、それもコストがかかるしね。

 で、例えば個人や店舗でメーカーとは別に修理を受け付けているところがあるんじゃないかと。ネットを彷徨ってみましたが、出た結論と言えば、

「BOSSやMXRの同製品を買う方が安上がり」

 ということ。

 残念ですが、これまで。bad end っすな。

category: Guitar

*1 メールには「この内容の無断引用、転載ダメ、ゼッタイ」と書かれていましたので。


2014年04月08日(Tue) [長年日記] edit

今後のシステム構成を考える

 さて。どうも最近耳が馴染んで来たのか、それとも使い続けて機器が暖まってきた(?)のか、最初はあんなに嫌だったディストーションの音がだいぶ良く聞こえてきた。この歪み方、いいんじゃね? もしかして、これはオーバードライブいらないかも? なんて思う時もあったりして。たぶん最初は歪みかけ過ぎ、トーン上げ過ぎだったのかな。その辺をどんと下げた*1らサラッとした音になってくれた。

 とりあえず今後、SB-200は片付けて、より足下をシンプルにした状態で続けたい。今SB-200に付いているエフェクターを外して単体使用するのももちろんありなんだけど、残念ながらこのYAMAHAのエフェクターは、ACアダプタが別売りしていない。基本、電池(006P)で使うか、このような専用のシステムボードに組み込んで使うものなのでしょう。

 そうなると今後006Pを大量にストックしておかないとならない。まぁ、それなりに安いのは売っているし、そんなにすぐ電池が無くなる程の大食いじゃないだろうし、そこは妥協点か…。

 その辺を鑑みると今後はこうなる。

YAMAHA SG-1000N → コンプレッサー(CO-01) → ディストーション(DI-01) → コーラス(CH-03) → ボリュームペダル(MP-01) → ディレイ(未定) → アンプ(借り物 B.C.Rich BC-25)

 ということで次はディレイでしょ。

    

 んでまぁ、あれからいろいろ考えてみたのだけど、ディレイ、リバーブの効果が1台で得られそうなのって、BOSS DD-7くらいなんだよね。ということで、次はこいつを選ぶことになるかな〜。

 その状態でしばらく練習重ねて、必要に応じてYAMAHAのエフェクターを一つずつBOSSなりMXRなりに切り替えていくことにしましょう。おっと、その前にアンプだよね。

 アンプは、とにかく練習用なので、小さくて良い。リバーブは買うから無くてもいい。いろいろ条件を絞りつつ、Amazonで見繕ったのは以下の4台。

   

 とりあえず、ギターもエフェクターもYAMAHAなので、アンプもYAMAHAと行きたい所ですが、レビューを見るとどれも魅力的。Fenderはクリーンサウンドが綺麗ということ、VOXはとにかくレビューの評価が高い。

 特に最後のMINI3-G2に至っては、アンプなのにコンプレッサー、コーラス、フランジャー、トレモロ、ディレイ/リバーブ内蔵ってんですから、これ1台で全ての問題が解決してしまうじゃないですか。

 …と、思っていたのですが、ネットのレビューを見る限り、「コンプレッサー、コーラス、フランジャー、トレモロ」で1グループ、「アナログディレイ、テープエコー、スプリングリバーブ、ルームエコー」で1グループと分かれているようで、たとえばコンプレッサーにコーラスを同時使用することは出来ないっぽいですね。また、フットスイッチの類いも付いていないようですので、足で瞬時に切り替え…というのも無理っぽいです。冷静になって考えてみると、どうもこの機能は中途半端。エコーくらいかな、使うとしたら。まぁ、使わなそうな機能にプラス3,000円近くも出すのはいかがなものか。

 そう考えると、前出の3つから選ぶことになりましょうか。でも選べない。どれも悪く無さそうだし。ただ、出来れば小さい方が助かるので、その条件からすると、Fenderかな。

 ということで、今日はここまで。

category: Guitar

*1 歪みは3/10、トーンは2/10まで落とした。

教則本を買ってみる


ギター・マガジン 速弾きがうまくなる理由 ヘタな理由(CD付き) (リットーミュージック・ムック)

 ギターは小学六年くらいから手をつけ始め、中学二年でフォークソング部に入ってから本格的に始め、専門学校卒業と同時にやめてしまいました。

 やめた…というよりは、自然と手にしなくなったという感じです。やめた自覚は無いので、こうして未だにギターやエフェクターの類いが家にあったわけなのですが。

 で、そのやめる直前まで上達しなかったのが速弾きというやつ。今思えば、それなりに弾けていたとは思うのですが、とにかくヘタクソでした。それは今も変わっていませんが。

 音の粒が揃わない、プツプツと途切れる、クリーンサウンドで弾けば一発で粗がばれるような物でした。

 独学でしたし、努力が足りないのだろうと考えていました。当時はメトロノームやリズムボックスを上手く活用するというような考えがあまりなく、とにかくテープの音楽に合わせて一緒に弾くことばかりでした。

 速弾きフレーズを、ゆっくり、ていねいに…という考えはなかったのです。

 今になって、iPadやMacで安価にこれらのリズムボックスが手に入るようになりました。また、GarageBandという、アプリもMacやiOSに付くようになり、使い方を覚えれば、単メロとドラムだけ打ち込んで、ゆっくり弾き方を覚えるということも簡単に出来るようになりました。

 ということで、ここ最近は速弾きフレーズのなかでも6連や5連、またはリズム的に判り辛いものを打ち込んで練習することが増えています。

 そんな時、なんとなくAmazonを眺めていたら、上記の本を見つけたのです。最初はうさん臭く思いましたが、最近は本によってはちょっとだけ中を読むことが出来るので、これも覗いてみたんですよ。

 そうしたら自分にとっては衝撃な一文が。

ピックは強く握りしめない、難しいならピックのお尻を持つようにする。

 えっ、だって高中さんはピッキングが強くてよく弦を切ってるし、弱く持っていたら速弾きのフレーズについて行けないんじゃないの?

 かなりびっくり。

 んで、騙されたと思ってやってみたんですよ。そうしたら何となくですが、スムーズに弾けているような気がしました。

 これは…なんだかずいぶん遠回りをしてきてしまったようだなぁ…って思っちゃいました。当時からこうしてきちんと習えば、今では楽しくあらゆる曲が弾けるようになっていたかもなぁ。と。

 いやしかし、ことわざでも「六十の手習い」というではないか。いつやるの!今でしょ! そう、今からでも遅くはない。あと何年生きられるのかわからないけれど、晩年まで頑張れるわけなんだから、今からでもちゃんとやってみたい。

 …と、いうわけで購入に至りました。(笑)

 さて、これで果たして上達するんでしょうかねぇ。Amazonのレビューでは「今まで弾けなかったフレーズが弾けるようになりました!」的な、如何にも通販チラシに書かれていそうな文章がありましたが、自分もそんなセリフをつぶやけるようになるんですかね。ははは。

category: Guitar 買物

2014年04月09日(Wed) [長年日記] edit

奥深きピッキングというやつ

 ピッキングとは

×鍵を使わずに錠を開ける行為
○ピックを使用して弦楽器を演奏する行為

 …ということで。

 昨日届いた教則本。まず、自分が速弾き出来ないことの原因を探らないとなりません。まぁ書き出せばキリが無いのですけど、

  • 余計な弦を(ピッキングで)鳴らしてしまう。
  • 左右の手がシンクロしない。
  • 音の粒が揃わない。

 てな所が代表でしょうか。

 左手だけでフィンガリングしてみると、まぁまぁ動いているようなので、まず最初の原因を右手に絞ってみました。そう、まずはピッキングです。

 ところで、インサイドピッキング・アウトサイドピッキングなんて言葉を知ってますか。自分は知りませんでした。簡単に、ぶっちゃけて書くと、あるフレーズをオルタネイトで弾く場合に、1音目のピッキングをダウンから始めるか、アップから始めるか…ということ(実際はもうちょっと小難しい)なんですが、そんな、1フレーズに対してダウンから弾き始めるのとアップから弾き始めるのとで結果が変わるのかと、愕然としとります。

 まぁ言われてみれば確かに、ピッキング速度を限界まで速めるに、ちょっとでも無駄な動きは速度アップを阻害するという可能性はあるわけで。

 しかし、ギターを始めて数十年(ブランク数十年)、そんなことを意識したことは全く無く、単なる手癖で「これはアップから」「これはダウンから」ということを無意識にやってきたように思いますが、これを「必ずアップから、もしくはダウンから始める」という決め事をするのは至難の業。

 今練習している曲のたった2拍の6連譜が速くならないのですが、インサイド・アウトサイドをよーく確認してみました。運指上、この6連譜×2の12音を弾く中で、ダウンから始めようが、アップから始めようが、インサイド・アウトサイドが入り交じるピッキングとなるのですが、それぞれ、ダウンから始めた時と、アップから始めた時のインサイド・アウトサイドの順番も入れ替わるわけで、どちらが自分にとって弾き易いのかということを検討してみる必要があります。(まぁきっと今まで練習してきた通りに戻ると思われ)

 しかも、よーくよく確認していたら、ある一ヶ所で「ダウン→ダウン」と不正なwピッキングをしていることが判明。だから上手くいかないんじゃん。で、そこを矯正したらそれまで80bpmくらいまで上がってきていた速度が、今度は60bpmまで落ちてしまいました。まぁいいです、ここからがスタート地点。手癖矯正は時間がかかるのです。(´ω`) 不正ピッキングで80bpmまで上がってきていても、それ以上はきっと無理だったでしょうし。

 ということで、上記の弱点にプラスして、

  • 完璧なオルタネイトピッキングが出来ていない。

 も追加しときましょう。(´ω`) これ、致命傷。

category: Guitar

2014年04月12日(Sat) [長年日記] edit

高中正義 「虹伝説[THE RAINBOW GOBLINS]」を衝動買い

 昨晩、というか真夜中、これをポチってしまいました。

高中正義 虹伝説 [DVD]高中正義 虹伝説
THE RAINBOW GOBLINS

 ギター熱が再発している話は、ここ最近書いているのでご存知の方もいるかもしれません。中でも、このアルバムの曲は、当時は本当によく練習していました。

 当時子供の自分にアルバムは買えなかったはず*1なので、レンタルレコードだったかな。映像は、一度だけ(だったと思うけど)TVで放送されたのを見たのが最初。販売は、レーザーディスクと、他に…ビデオがあったかなぁ? とにかく記憶に残っているのはレーザーディスクでした。確か、当時のプレイヤーは本体の上蓋が開くタイプのもので、何十万もしていたかな。とにかく中学生の子供に買えるようなシロモノでなかったのは確か。

 TV放送も、家にビデオがありませんでしたから、記憶に頼るのみ。当時まだまだ電気街だった(笑)秋葉原へ出向いては、電気店で販促のために店頭で流していたこのライブの映像を、かぶりつくように見ていたのが思い出されます。

 ギターの練習も、ある程度までは出来ましたが、完全に弾きこなせたのはありませんでした。とにかく難しくて、運指を覚えるだけで精一杯でした。

 今またギターを手にしてみて、指だけは覚えていました。その頃から難しいなと思っていた曲を再び練習し始めたんですが、フィンガリングはスッと出て来ましたね。あ、覚えてるなぁ。と。当時の努力は無駄にはなっていなかったようです。お金にならない努力でしたけれども。(^_^;

 ということで後はもう、弾きまくるのみ。あの頃、なにも考えずに生きてきた自分とは違って、今はいろいろと「ああしようこうしよう」と考えが浮かんできます。少しずつですが、あの難しい曲がものになっていくのを感じています。死ぬまでには弾きこなせるようになったらいいですなぁ。

 んで、なんとこの映像が今Youtubeに上がってるんですよ。すぐ消されちゃうかもしれませんが、最後に「このDVDはなんちゃらかんちゃら」ってのが出てて、「えっ、DVD出てんの?」ってすぐAmazonに見に行ったら………こうして1行目に繋がるわけなのです。

 練習にはDVDだけあってもしょうがないので、一緒にCDも。アルバムをちゃんと聞くのは何十年ぶりでしょうか。届いたら映像でフィンガリングの研究、そしてCDで音の表情付けの研究をがっつりとやりたいと思います。

 しかし、このライブの一番の売りは、第2部だと思っているのですが、残念ながらそれは入っていません。当時のLDでも入ってなかったんじゃないのかなぁ。見られるのはTV放送版だけだったかと。(記憶モード)

 2部は過去のお馴染みの曲を披露してくれるのですが、これがまた楽しい映像だったんですよ。特にアーリーバードの、演奏者全員が横並びしてのラインダンス。このエンターテイメント性が、高中さんのライブの味なんだと思います。実際にライブを見に行ったのは、ナラダ・マイケル・ウォルデンとやった横浜スタジアムだけなんですが、あの人、たまにライブにお笑いを挟んでいるみたいなんですよ。こればっかりはきっと、カシオペアやT-Squareでは見ることが出来ない(はず。いやわかりませんが)。

 見に来た人を、出来る限りの方法で楽しんで帰ってもらいたい。そんな思いが伝わってきますね。ま、たぶん本人もお笑い好きなんだと思いますけど。

 あ〜、またライブに行きたいですね。ファンクラブが無いようなので、チケットは争奪戦でしょう。とりあえず次のライブの情報が出てきたら掻き集めてみたいです。

category: Guitar 買物

*1 自宅にレコードもありませんし。


2014年04月14日(Mon) [長年日記] edit

Fender Japan Micro King

Fender Japan Micro King

DMC-GX7, 0.0mm, F0.0, 1/125sec., ISO0, +0.0EV

 先日のことですが、我が家の愛車、ラクティスにリコールがありましてね。その症状の一つは昨年、既に不具合が出ていて自費で修理しちゃってたんですよ。

 今回のリコールについて、「どうしてくれんのよ?」と訴えた所、その修理代が返金されることになりました。

 ということで、まだ返金が済んでいない状態でありながら、新たなものをポチってしまいました。w

 Fender Japan Micro King ギターアンプ

Fender Japan Micro King

DMC-GX7, 0.0mm, F0.0, 1/30sec., ISO0, +0.0EV

 一昨日ポチって昨日到着。これだから密林はやめられねー。
 で、早速試奏。

 とりあえずトーン全開で。一言で言うと、こもった感じ。言い換えると「ヌケが悪い」。中域が出過ぎてるのかなぁ。Middleを4まで下げて「こんなもんかな〜」になった。しかし正直、借り物のB.C.Richの方が音がいい気がする。慣れかな。

 Gainを0にしているのに、ボリュームをちょっと上げ目にすると歪みがちになるね。小さいアンプはこんなもんか。クリーントーンは高中さんのコピーでは必須だけれども、まぁちょっと歪んでも問題があるわけじゃないのでここは我慢。

 大きさは、230(W)×230(H)×170(D)mmの3.8kg。正面は借り物のB.C.Richとほぼ同じ大きさ。でも奥行きはFenderの方が5cmほど大きい。

 背面は閉じられてます。こもった音はこいつが原因かも? ただし、背面板には「絶対に開けるな」と書かれてます。オープンにするのは無理ですね。

 とりあえず半年くらい過ぎてみて、音がどう変わるかですね。

2014年4月18日金曜日追記

 いや〜、このアンプ、なんか変です。ギター直結でクリーンサウンドが出ません。ギターのボリュームを下げないとダメ。YAMAHA SGがそれほどのパワーを持っているわけでもないとは思うのですが、これってどうなんですかね。ハムバッカーってそういうもんですか? よくわからんのですが。

 でまぁ、クリーンサウンドが出てくれない(オーバードライブを使う手前、ギターのボリュームを下げたくない)ので、どこかで信号を落としてやる必要が出てきました。で、やはりこの場合はアンプの直前だろうということで、

 ギター → コンプレッサー → オーバードライブ → ボリュームペダル → デジタルディレイ → アンプ

 と、なっているのを、

 ギター → コンプレッサー → オーバードライブ → デジタルディレイ → ボリュームペダル → アンプ

 とし、ボリュームペダルで歪まない所まで音量を下げることにしました。これでボリューム奏法が出来なくなりますが、仕方ないですね。

 もしくは、この音量の調整をデジタルディレイのアウトプットだけで行って、ディレイのバイパスは、ディレイタイムを0にする設定に切り替えることで、見かけ上バイパスしたようにする…という手もありますなぁ。そうしたらボリュームペダルは元に戻せます。それはさておき…

 全エフェクターオフの状態で、クリーンサウンドが出るようにし、ギター側から一つずつエフェクターをオンにして、なるべく音量が変わらないように調整していきます。

 デジタルディレイは、インプットレベル、アウトプットレベル共に調整が必要で、さらにバイパスした状態でも音量が変わらないように注意が必要。エフェクターが増えるとこの辺面倒ですね。

 とりあえず、買ってからずっと気になっていた、「クリーンサウンドでも歪む」という状況からは脱出です。

 なんかいろいろと使いこなしがいりますね。(´_ゝ`)

追記ここまで

category: Guitar 買物

2014年04月18日(Fri) [長年日記] edit

YAMAHA DIGITAL DELAY MODEL D1500

 2014年04月07日のエントリー「今後欲しいエフェクター」にて、デジタルディレイが欲しいねと書いていましたが、よーく思い起こしてみると、ヲレ、デジタルディレイ持ってんじゃね? しかもラックマウント型の。

YAMAHA DIGITAL DELAY MODEL D1500

 で、探してきました。これ。YAMAHA DIGITAL DELAY MODEL D1500という製品です。今現在、Googleで検索してもその詳細がまったく出てこないという…。あろうことか、YAMAHAのサイトにも、どんな製品であったのかといった情報はまったく引っかかりません。

 すっかりと使い方を忘れてましたが、さすが今の世の中。マニュアルはすぐにYAMAHAのサイトでダウンロードできました。スキャン画像で、なんだかかなり傾いてスキャンされていましたが、まぁどうにか読めるのでOKです。

 ロングディレイは当分使わないので、残響効果が得られるショートディレイ、そうですねぇ、40ms前後でフィードバックは少な目、原音とディレイ音のミックスも少な目で設定。で、試奏。うんうん、いい感じ。

 リバーブのようなふわっとした残響は得られませんが、効果としては十分です。これで「デジタルディレイかリバーブか」と迷っていたのは解消されました。

 で、このエフェクターはラックマウント型なので、効果のオン、オフには別売のフットスイッチが必要です。以前、これも持っていたのですが、見つかりませんでした。

 ということで、これが必要です。まぁ、今フットスイッチを使って演奏中に切り替えねばならないという理由はない(=ステージに立つわけでもないので、手で切り替えろ)ので、これは追々ですね。

ラッチ式
Roland フットスイッチ FS-5L(S)
モーメンタリー式
Roland フットスイッチ FS-5U(S)
ラッチ/モーメンタリー切替式
Roland デュアル・フット・スイッチ FS-6

 さ、それでは今後買いそろえたいエフェクター一覧のアップデート。w

  

 コンプレッサー、オーバードライブ、リバーブ。この3つが揃えば当面エフェクターは不要です。とりあえず、借りているオーバードライブを早々に返したいので、次はオーバードライブですね。OD-1Xじゃなくて、SD-1やOD-3やBD-2であれば、その半額くらいで買えるのですけどねぇ。なんか音が気に入ってしまったので…。でもわからない。BD-2にしちゃうかも。

   

 あとは、電池を使うのが無駄なので、電源アダプタもいりますね。これもまぁエフェクターが揃い次第という感じで。

 さ、ぐだぐだ書いたので練習々々。www


2014年04月22日(Tue) [長年日記] edit

高中正義氏の魅力

 私はわかりやすい音楽が好きなんです。わかりやすい音楽とはなんでしょう。うまく説明できませんが、

  • メロディーがわかりやすい
  • 曲の構成がわかりやすい

 という感じ? 説明になってないかな。
 例えばジャズやクラシックなどでは、わけのわからないメロディーや、複雑な曲の構成があったりしますが、そういうのを聴いていると、頭が混乱してくるんですよ。頭が混乱しない曲。すっと頭に入ってくる曲とでも言いましょうか。

 歌謡曲のように、イントロがあって、AパートやBパートがあって、間奏があって、サビがあって大サビがあって…というのを聞きながらにして理解が出来るのが「わかりやすい」と言えるのかな。

 高中さんの音楽は、そういう意味でわかりやすいと言えるように思います。また、当人が本当は歌いたかったと言っていたように、まず歌えるメロディーであることが前提なのかもしれません。それをギターに入れ替えて弾いているということなのでしょうね。容易に口ずさめるメロディーというのは、わかりやすさの重要項目と言えるかもしれません。

 あと、やっぱりあの人はコンポーザーなんだなって思うことがあります。ギタリストですけれど、ギター一辺倒じゃないんですよね。曲によっては、ギターはずーっとバックのまま、ソロでちょろっとだけってのもありますし、いつまで経ってもギターが出てこない曲もあります。NightsやMALIBとかはそうですよね。一つの曲を作るのに、あくまでもギターは全体の中の一つであるという考えなのでしょう。子供の頃はそういう曲はつまらないと思っていましたが、今聴くと、すごくバランスが取れているなーと思いますね。

 よく、過去から「彼は技術的にはイマイチ」と言われますが、技術を前面に出すような曲は好まないのだと思います。あくまでもメロディアス。たまに出てくる32連譜だって、とても美しいんですよ。

 彼の代表曲を聞かれれば、個人的に「MALIB*1」を選びます。この曲は本当に名曲です。メインのテーマを弾くエレピの美しいこと。合間に入ってくるアコースティックギターの心地良さ、完成度は本当に高い。それだけに、これだけリピートで1日過ごせます。

 実はこの曲、よく聞いていたはずの高校生くらいの頃は全く興味がなかったのです。ギターあんまり出てこないし。地味だし。で、30代頃でしたかね。「冬」をテーマにしたコンピレーションアルバムを買ったところ、この曲が入ってまして。改めて聴いて衝撃を受けました。なんていい曲だと。これをきっかけに、また高中さんのアルバムをCDで買い直すことになるのです…。

 でまぁ、いろいろ初期のアルバムを聴いて、惚れ直しているわけなのですが、こんな自分でも、ある時期から高中さんを離れます。それは確かキティ・レコードから東芝EMIへ移籍した頃、アルバムで言うと「TRUMATIC 極東探偵団」だったかな…それ以降は全く聴かなくなりました。

 というのも、ここからそれまでの夏っぽい、パーカッションを多用したいわゆる「トロピカルサウンド」をやめ、打ち込みを中心としたダンスミュージックみたいになってしまったんです。ある意味、ディスコナンバー(=フィンガーダンシン?)ということであれば、これもまた原点回帰と言えるのかもしれませんが、とにかくトロピカルサウンドに彼の魅力を感じていた自分からしてみれば、えらいショックです。

 ということで、それ以降のアルバムをほとんど知らないのです。でも今なら改まった気持ちで聴けるかもしれません。今ならどんな風に感じるかなぁ。

 今回「高中正義の魅力」を綴っているわけなのですが、こんなわけで結局今の曲は知らないのですね。でもまぁ、彼の初期のアルバムは本当に名曲揃いです。東芝EMI移籍前、キティ・レコード在籍中の下記12枚、是非聴いてみてください。

           

category: 徒然 Guitar

*1 この曲が入っているのは、「AN INSATIABLE HIGH」というアルバムで、発売は1977年。リー・リトナーや、パトリース・ラッセン(エレピを弾いているのはこの人)が参加しています。


2014年04月24日(Thu) [長年日記] edit

iRigってどうなの?

iRig(公式サイト)

 エレキギターのインターフェースアダプタです。要するに、エレキギターとiPhoneやiPadを繋げて、アプリでアンプのシミュレータやエフェクターを実現するというソリューション。iRigはそのハードウェアを担っています。

 出力はミニプラグなので、基本的にはイヤホンをつないで静かに練習しましょう〜的なものなのですが、変換プラグを使えば、ギターアンプで音を出すことができます。この時はアンプシミュレータをバイパス可能です。

 iRigと別途、iPhoneやiPadアプリを購入する必要がありますが、だいたい、iRigが4,000円程度、アプリが1,500円程度ということで、後、必要なケーブル類を購入すれば準備が整います。エフェクターもアプリなので、ハードウェアのエフェクターのように006Pといった電池は不要です。

 エフェクターは標準で入っているものもありますが、無いものは別途購入可能です。しかも一つが300円程度と、ハードのエフェクターの1/30と、あり得ない価格。ソフトウェアの強みという所でしょうか。

 懸念されるのは、やはりオーバードライブ(別売り)の歪み方が気に入るのかということ。こればっかりは試してみないと何とも言えません。しかし、ここが問題無ければ非常に安価に数々のエフェクターが揃えられます。

 エフェクターの切り替えは、この標準状態であれば、iPhoneやiPadにタッチすることで切り替えることになるので、ライブ等では不向きかもしれませんが、自宅で練習する程度ならばそこは問題にはなりません。

 しかもですよ、なんと、iRig BlueBoardを購入すれば、フットスイッチでエフェクターの切り替えが出来るようになってしまいます。さらにさらに、これ、Bluetoothを使用していて、ケーブル等の接続は不要なのです。ちょっとなにこれ、最高じゃないすか!

 ということで、現在迷い中です。まぁ、オーバードライブの歪み方と言っても、そんなの自己満足の世界ですから、妥協すればいいだけの話なのですがね。いい歪み方をすると心地よいんですよこれが。

 試してみるしかないかな〜。なにせ、BOSS OD-1Xを買おうとしている予算で、全て買えてしまう(BlueBoardを除く)上に、各種エフェクターを買い揃えてもお釣りが出てしまうんですから。魅力ですよねぇ。

 将来バンドを組む予定なんてありませんけど、これで揃えば移動もめっちゃ楽じゃないですか。iRigとiPadを持っていればいいんですから。

 ということで、もう少し調査して決心してみたいと思います。

 下記、商品を紹介していきますが、ご注意いただきたいのは、この製品、偽物がとても多いという話です。Amazonで「正規品」とあっても偽物が届くという状況。購入の際はご注意ください。下記にネットで拾った偽物の特徴を転記します。

  • ケーブル先端のミニ・プラグが銀色(正規品のプラグは金色です)。
  • ギター入力部のリングが銀色または金色(正規品のリングは黒色です)。
  • 本体がネジ留めされていない(正規品は背面からネジで留められています)。
  • ギター・アイコンがiRigロゴの下に寄っている(正規品のギター・アイコンはiRigロゴの中央に揃っています)。
  • 登録書(Registration Card)が入っていない(正規品にはIK Multimedia Registration Cardが入っています)。

iRig

 エレキギターとiPhone、iPad、Macをアナログで接続するインターフェースアダプタ。

iRig HD

 エレキギターとiPhone、iPad、Macをデジタルで接続するインターフェースアダプタ。

iRig BlueBoard

 アプリのエフェクターの切り替えを行うフットスイッチ。Bluetooth接続。

AmpliTube

 iPhoneやiPadにインストールすることで、アンプシミュレータやエフェクターを使用することが出来る。

 なお、このアプリの特徴として、入っている音楽を鳴らして一緒に演奏出来るとあり、ピッチを変えずにテンポも落とせるとサイトに記されていますが、Amazonレビューを見る限りではピッチが変えられないと記されています。実際の所どうなのか、調査が必要です。

 あと、iOSアプリの宿命というか、バグや不具合による動作不良が散見されます。アプリそのものは安くないので、ちょっとここは怖いですね。アップデートしたら起動しなくなったとか、シャレになりません。

category: 物欲 Guitar

2014年04月25日(Fri) [長年日記] edit

JamUp Pro XTってどうなの?

JamUp Pro XT(公式サイト)

 昨日書いた、AmpliTubeと同じ類いのアプリです。ネットでの評判は上々です。アプリはApp Storeで。

 JamUP XT, JamUP Pro XT(ユニバーサルアプリなので、iPhone、iPad両方で使えます)

 このアプリの個人的特筆点は、APP内課金ではあるものの、BOSSのエフェクターをシミュレートしているということ。それだけでなく、Dyna CompやSpring Reverb、昔懐かしい(今もあるの?)Fuzz Face等々、欲しいと思っていたエフェクターが勢揃いしています。ま、アプリですからどこまで音を再現しているのかはわかりませんけど、興味を惹きますよねぇ。だってこれら買ったら10万円は有に超えますよ。エフェクト処理については、恐らくデバイスの能力にも左右されるでしょう。ここはぜひともiPad Airで試してみたいところですね。

 ネットでの評判によると、他のアプリに比べて高音質らしいです。

 ギターとの接続は、専用のアダプタが出ています。

 JamUp Plug HDは、近日発売とのこと。HDがつくことで、ここでデジタル変換してiPhone、iPadへ送ってくれます。ノイズやレイテンシー(処理の重さにより生じる遅延)の点で有利でしょう。

 今すぐHDで試したいんだ!って人は、iRig HDでも大丈夫です。

 

 アナログ接続のJamUp Plugは、本体からダイレクトに出ているミニプラグを差すタイプなので、この製品、デバイス、共に耐久性に不安がありますね。見た目コンパクトでいいんですけど、個人的にはケーブルで繋ぐ方が精神的に安心出来ます。この仕様はHDになっても同じなので、自分が買うならiRig HDですかね。

 アプリは今日の時点で1,000円です。AmpliTubeよりもお買い得。エフェクターはAmpliTubeと同じ一つ300円。

 かかる費用は、

  • JamUp Pro XT:1,000円
  • iRig HD:12,480円(今日現在のAmazon価格)
  • APP内課金
    • Digital (Delay):300円
    • Reverb:300円
    • Chorus:300円
    • Phaser:300円
    • Auto Wah:300円
    • Sustain Comp:300円
    • Red Comp:300円
    • Over Drive:300円

 計:15,880円

 エフェクターは他にもあるけどとりあえずこんなもんで。単純比較したら怒られちゃうけど、BOSS OD-1Xの費用でさらにお釣りが来ますね。恐ろしい世の中になったものです。

 さて、どうしましょうかね。素直にちまちまとBOSSのエフェクターを買い揃えていくか、それともこちらに流れるか。アプリの怖い所は、ある日突然使えなくなる可能性があるということ。簡単に撤退していきますし、アプリのバグで問題が起きたり、しかもそれをすぐに直さないとか、当たり前にあります。ここに居を構えるというのはどうにも不安が付き纏いますね。

 まぁ正直、今欲しいエフェクターってコンプレッサーとオーバードライブだけなので、それで済むっちゃ済むんですよね。Amazon価格なら二つ合わせて25,920円です。これでバグの無い快適環境が手に入ります。アンプだって買いましたし。

 ということで、もう少し悩みます。(^_^;

category: 物欲 Guitar

2014年04月26日(Sat) [長年日記] edit

YAMAHA SG-1000N復活計画 その01

 YAMAHA SG-1000Nを昔のように綺麗な状態に戻したい。そのためにやりたいことは数知れず。全部やるとかなりの高額になるため、一気には出来ません。ということで、現状やれることを少しずつ。

 で、まずは金属パーツの在庫状況を調べました。欲しいパーツは以下の通り。名前がわからないものは適当に書いています。

  • ブリッジ
  • ブリッジ取り付けネジ
  • ブリッジを上下させる平たいナット
  • テールピース
  • テールピースコラム
  • ペグ一式

 以上を直接YAMAHAに問い合わせたところ、ペグと“ブリッジを上下させる平たいナット”以外は全てまだ在庫があるとのこと。見積もりもいただき、合計12,000円程度でした。

 注文はYAMAHAに直接お願いしてもいいのですが、送料がかかるということで、近所のYAMAHA特約店で注文する予定です。

 “ブリッジを上下させる平たいナット”はまぁ磨けばいいとして、ペグが無いのは痛いところ。しかしこれはチャンスです。ペグは汎用性があるので、もっと性能のいいゴールドパーツに入れ替えてしまえばいいでしょう。

 ということで、準備は整いました。出来れば1日も早く注文したいところなのですが、予算が間に合わないのでもう少し先になりそうです。無くならないでくれぇ。

 電装関係については、まぁなんでも付くので心配してません。ぶっちゃけこの辺りが純正では無くてもあんまり気にしないということです。なんでしたら高中さん愛用のピックアップにしちゃってもいいかも。ただ、バイサウンドシステムだけはカットしたくないので、そことの兼ね合いですね。

 最後に、この計画の全てをリストアップしておきます。すべて完了するのはいつのことでしょうか。

  • ブリッジ、テールピース等の金属部品の総入れ替え。
  • 電装系のリペア。場合によっては総入れ替え。
  • ネックの反り、オクターブ調整等の全体的な調整。
  • フレット打ち直し。
  • 再塗装。

 上から4つまでは比較的早くやれると思うのですが、問題は最後の再塗装ですよね〜。ま、とにかくやれるところから手を付けていくことにしましょう。

category: Guitar

2014年04月28日(Mon) [長年日記] edit

Sonic PortかiRig HDか

 今回もまた、iOSアプリのアンプシミュレータ絡みの話です。

 エレキギターをiPhone、iPadに接続するインターフェースにはいろいろ販売されていますが、中でもこのSonic PortiRig HDはその双璧をなすのかな? いろいろネットを見てそう感じています。

 でまぁ、ぶっちゃけどっちなのよと、自分の使用パターンを思い浮かべつつ、しばらく考えてみたものの、答えは簡単でした。自分の場合、最終的な音の出口はギターアンプなので、その出力がある、Sonic Portで決定です。iRig HDでもアンプに出すことは出来ますが、Sonic Portの方がよりそのことを考えて作られているようです。

 音質の違いやら、レイテンシーやら、いろいろ差はあると思うのですが、そこは実際聞いてみないとわかりませんので、まずは使い勝手で選んでしまえと。そんなこんな。

 

 いつ買いますかねー。(´ω`)

category: 物欲 Guitar

2014年04月30日(Wed) [長年日記] edit

ストラトキャスターっていいよね

ストラトキャスター

 Stratocaster(以下、ストラトキャスター)とは、Fender社のエレクトリックギター。発売は1954年から。ギブソンのレスポールと、2大巨頭として有名ですな。

 ストラトキャスターの特徴として、シングル3ピックアップによる、「ハーフトーンサウンド」が有名ですね。かの高中正義氏も、好んでこの音を使っていました。コンプレッサーを強めにかけると「パコーン」といった独特のアタック音となり、この音には中毒性があると思っています。

 かなり以前に、確かグレコというメーカーのストラトキャスターコピーモデルを持っていましたが、当時持っていたレスポールと比べて(というか、レスポールに慣れ切っている状態では)、かなり弾き辛く、なかなかモノに出来なかったのを覚えています。よって、そのうち売り払ってしまった(すでに記憶に無い)ようです。

 さて、なんでこんな話をしているのかというと、先日に、愛用のYAMAHA SG-1000Nをリペアに出したいという話を書きました。それがいつやれるのかわからないので、とりあえず無くなる前に金属パーツを買っておきたいと。

 で、こういうことです。

  1. SG-1000Nのパーツを購入するとしよう。(およそ12,000円程度)
  2. リペアに出すとするよ。
  3. その間弾けないじゃないの。
  4. それはイヤ。
  5. ということで、スペアギターどうよ。
  6. 買うなら断然ストラトキャスターだよね。
  7. おおぅ、Fender Japanからいいストラトキャスター出てるじゃないの。Fender Japan ST62/QT TRGってのかー。
  8. あれ、でもこれ買っちゃうとリペア代無くなっちゃうよね。
  9. それって本末転倒?
  10. イマココ

 きちんとやろうとすると、こういう順番?

  1. SG-1000Nのパーツを購入。
  2. スペアのギターを購入。
  3. リペアに出す。
  4. しあわせ。

 問題はこのリペアに出す時にどこまでやるのかということ。再塗装までやったら相当な額になりますので、それはしばらく無理。もしかしたらずっと無理。しかし、金属パーツやらなにやら総入れ替えするなら、再塗装と一緒にやってすっきり全部キレイにさせたい。

 現状、音的に問題があるとは思えない。ネックの反りも、たぶん現状大丈夫と思われる。プロが見たら反っていると言うかもしれないけれど、今の所演奏に支障無し。

 それじゃあリペアったって何をどうすんのよ? だったら再塗装までこのままでいいんじゃない? 再塗装資金が貯まったら、中身一新させる感じでいいんじゃないのかな。

 あれ? そうなったら今急いでストラトキャスター買わなくていいじゃんか。

 …となってしまうわけですな。(笑) 果たしてこの話はどう転んでいくのでしょうか。www

Fender Japan ST62/QT TRG(公式サイト)

category: 物欲 Guitar

最新 追記

1998|04|05|06|09|10|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|03|04|05|06|
2002|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|


ブログ内全文検索(grep.rb)

Twitter

@ittokudayo からのツイート

最近のコメント

  1. いっとく (12-06)
    ありがとうございます。 でもこういうことは自分で管理出来なくなった時点で終わりだと思っています。出来ないなら他社の..
  2. みの (12-05)
    不具合が出たらお知らせください。 無償でバージョンアップも含め、調査、対応作業をします。 お気軽に相談くだされば..
  3. いっとく (10-26)
    ちょいと調べてみたところ、上記でOKみたいですが、モバイルSuicaの利点の一つだった、指定席でも普通料金以下で乗れ..
  4. いっとく (10-26)
    ん? ちょっと整理させてください。 ビューカードによるオートチャージが可能であれば、Safari等のブラウザを使..
  5. みの (10-26)
    ネットでチケット予約も、ビューカード決済ならチケットレスですよ。モバイルSuicaと全く変わらないと思います。アプリ..

最近のエントリー


画像一覧はこちら!

買いまくった高中正義サマ作品群 カップスター しょうゆ味 今日はタンメンの日 やっと買えた高中ピック ディズニーランドにて(iPhone 6 Plusで撮影) カバー取り付け 開封 iPhone 6 Plus白箱 OCNモバイルONE ナノSIM 高中正義氏「夏・全・開」をゲット