いっとくの戯言書庫

自転車とディズニーとカメラとAppleとウクレレとギター好きのブログです。

 過去のエントリーはこのページ下端にリンクがあります。
 当ブログでは「Amazon.co.jp アソシエイト」を利用しています。

最新 追記

2014年03月01日(Sat) [長年日記] edit

Panasonic LUMIX DMC-TZ40 のズームを試す

 とりあえず一つだけ。(^_^;

広角側。24mm相当。

DMC-TZ40, 4.3mm, F5.0, 1/1600sec., ISO100, +0.0EV

 広角側、24mm相当です。広いです。

10倍。240mm相当。

DMC-TZ40, 44mm, F5.7, 1/500sec., ISO100, +0.0EV

 10倍。ステップズームも焦点距離表示も無いので、ぴったり止められていませんが、だいたい240mm相当です。

20倍。480mm相当。

DMC-TZ40, 86mm, F6.4, 1/320sec., ISO100, +0.0EV

 20倍。480mm相当。なんか山腹に覗き穴みたいなのが?

20倍をiR超解像で40倍に。960mm相当。

DMC-TZ40, 86mm, F6.4, 1/500sec., ISO100, +0.0EV

 20倍をiR超解像で40倍に。960mm相当。プロメテウス山には大きなOリングがあるんですなぁ。

 そもそも小さなレンズでこれ程の望遠というのは無理があるのか、望遠側では当たり外れが出ますね。

 これを見ていると、実際のところ10倍…つまり240mmくらいあれば望遠端は十分な気もします。今回は仕事で使うので、20倍くらいあった方がいいなという判断でしたが、プライベートでしたらまぁ、300mmもあれば十分かな〜とか。

 TZ40は、iR超解像やデジタルズーム、EX光学ズームを組み合わせることで最大191倍ズームを実現しますが、さすがにここまでやると画像が荒れまくりますので、実用にはなりません。いろいろやってみて、光学ズーム20倍+iR超解像=40倍というのが実用上最高かなと思います。

 それにしても、こんなコンパクトな筐体に、実用上最大で960mmの望遠があるってのは凄い話です。厳密な画質やボケを気にしないのであれば、これ1台でなんでもこなせそうな気がしますね。

映画「猫侍」を観る

映画「猫侍」を観る

iPhone 4S, 4.3mm, F2.4, 1/20sec., ISO250, EV

 猫が主役*1という映画。ストーリーそのものは特になんということもなく、深くもなく、ただひたすら猫の動きと表情を楽しむという作品です。

 この猫がまた大人しくて良い。よくもここまで調教できたものだと。たいてい猫が出てくる映画っていい評判を聞かない*2のだけど、この子なら大丈夫だろう。たぶん。

 劇場内でも猫好きしか来ないようで、終わった後にはそこここで「うちの猫はね〜」という会話が繰り広げられていました。

 劇場では先着100名に秘密のDVDをくれたらしいのですが、たぶんソフト化されたら特典映像で入れてくれることを願ってます。そしたら買ってもいい。(´ω`)

category: 観劇等

*1 人間など、ただの添え物である。

*2 「子猫物語」など、真偽は不明だけれども、涙無くして読めないくらいの虐待があったとかなかったとか。


2014年03月02日(Sun) [長年日記] edit

今月の体重測定

 全員変化無し! 偉い! 来月もこんな感じで〜。

三毛
たま(♀)
茶シロ1
小竜(♂)
茶シロ2
小虎(♂)
茶シロ3
いちご(♂)
2013年4月13日3000g4600g4700g4500g
2013年5月1日3000g4700g4600g4500g
2013年6月9日3000g4700g4600g4500g
2013年7月8日3000g4700g4700g4600g
2013年8月4日3000g4700g4700g4600g
2013年9月1日3000g4700g4600g4600g
2013年10月5日3000g4600g4600g4600g
2013年11月7日3100g4700g4600g4500g
2013年12月3日3000g4700g4600g4500g
2014年1月3日3000g4700g4600g4500g
2014年2月3日3000g4600g4500g4400g
2014年3月2日3000g4600g4500g4400g
category:

Panasonic LUMIX DMC-TZ40の焦点距離を確認する

 Panasonic LUMIX DMC-TZ40は撮影時に焦点距離の表示が出来ません*1。ステップズームも出来ません。今現在どれくらいの焦点距離かというのは、倍率くらいでしか知ることが出来ません。

 ということで、計算してみました。「換算の焦点距離(mm)」はフルサイズカメラの焦点距離に換算したものです。

倍率実際の焦点距離(mm)換算の焦点距離(mm)
1倍4.324
2倍8.648
3倍12.972
4倍17.296
5倍21.5120
6倍25.8144
7倍30.1168
8倍34.4192
9倍38.7216
10倍43240
11倍47.3264
12倍51.6288
13倍55.9312
14倍60.2336
15倍64.5360
16倍68.8384
17倍73.1408
18倍77.4432
19倍81.7456
20倍86480


 これで見ると、一番刻みたい4〜5倍くらいのズームが結構ざっくりしていて残念です。24mmからなら35mm、50mm、60mm、70mm、75mm、80mm、85mm、90mm〜という感じで細かくズームしたいのですが、それは叶いません。

 逆にざっくりでいい望遠側が細かくて、そこまでいらねーよという気がしないでもない。

 倍率も、そこでぴったり止まる訳でもないので、なんとなく性格的に「お〜い」という気持ちも強い。まぁいいですか。

 とにかくこのカメラは、そういうことを気にして使うものではないということですね。(^_^;

category: カメラ

*1 撮影後、画像のExif情報からならわかります。


2014年03月04日(Tue) [長年日記] edit

Panasonic LUMIX DMC-TZ40 のズームを試す その2

 前回の続き。今回も一つだけ。場所は東京ディズニーシーのベッキオ橋から。

広角側。24mm相当。

DMC-TZ40, 4.3mm, F3.3, 1/800sec., ISO100, +0.0EV

 広角側、24mm相当です。中央にぽつんと見える2本の棒状のものが今回の被写体です。左は東京スカイツリー、右はシンデレラ城。

10倍。240mm相当。

DMC-TZ40, 44mm, F5.7, 1/640sec., ISO200, +0.0EV

 10倍。Exifの焦点距離で計算して、換算247mmと出ました。

20倍。480mm相当。

DMC-TZ40, 86mm, F6.4, 1/400sec., ISO200, +0.0EV

 20倍。480mm相当。

20倍をiR超解像で40倍に。960mm相当。

DMC-TZ40, 86mm, F6.4, 1/500sec., ISO100, +0.0EV

 20倍をiR超解像で40倍に。960mm相当。画像は荒れていますが、迫力は相当なものですね。スカイツリーがこちらに迫ってきそう。


2014年03月05日(Wed) [長年日記] edit

生活が苦しい

@ Tokyo Disneysea

DMC-GX1, 14mm, F8.0, 1/500sec., ISO160, +0.0EV

 今さらなんですけど、自分の収入はとても低いです。恐らく同年代と比べると半分くらいじゃないかなぁ。これというのも、やってみたい仕事ばっかりを選んで転職し続けてきたのが一番の原因なんですけどね*1。まぁ、やりたい仕事は大抵が高収入ではないので自業自得ではあります。

 そうは言っても苦しいのは事実。毎月赤字で、先月は最後の砦を切り崩したところ。これが尽きたらもうお終い。

 収入は増えそうにないし、どうしたもんだかな。転職したって大して変わらんだろうし、そもそもこの年では働き口が無い。

 徹底的に貧乏暮らしをすれば多少は楽になるんだろうけれども、それはあまりにも辛すぎる。

 こんな生活がもう4年続いてる。無職の時期よりはマシと思うべきか。それとももっと足掻いてみるべきか。どうしたらいいのだろう。

category: 日常 徒然

*1 だけど今の仕事はそうじゃない。生きるために選んだ仕事。これが人生というもの。


2014年03月12日(Wed) [長年日記] edit

iPhone 4sにiOS 7.1をインストールすべきか

 ウチのiPhone 4sは未だiOS 6.1.3です。iOS 7が出た当時、すぐにインストールしなかったので激遅地獄にハマらずに済んでいました。

 しかしこの頃のアプリではiOS 7必須というのも多くなってきて、使い辛くなってきているのも事実。iPhone 6まで待つとは言っても、噂通りならあと半年もあるわけで、それまでこのまま我慢するしか無いと思っていました。

 ところが先日公開されたiOS 7.1では、iPhone 4での速度が改善されたとの事。すぐにインストールするのははばかれましたので、勇者たちの報告を待ちました。

 ひとまず参考にしたのはarstechnicaというサイト。

 データをそのまま載せるのはさすがにまずいので、iOS 6.1.3を「1」とした場合、他の数値はどのように増減するか…という方法で再計算してみました。この方が直感的にわかるかなと。

APPLICATIONIOS 6.1.3IOS 7.0IOS 7.1 GM
Safari11.8141.593
Camera11.3841.158
Settings11.4351.046
Mail11.5001.350
Messages11.7830.955
Calendar11.4471.114
Phone13.5372.731
Cold boot to lock screen11.4491.384

 こうして見ると、ほとんど変わらないと思われるのが「カメラ」「設定」「メッセージ」「カレンダー」辺り。遅くなりそうなのが「Safari」「メール」「電話」辺り。

 フォロワーさんの話では、今までイライラの原因であった文字入力がずいぶんと改善されているそうな。

 アプリの起動が遅いというよりは、操作している際に引っかかりが発生することでの「待ち」の方がイライラすると思うので、その辺の情報が出てきてからでも遅くはないかな。

 iPhone 4なんて3G回線ですし、そっちで引っ張られる方が大きいのかもしれません。

 いずれにしても、一度アップデートしてしまうと元に戻せないのが困り者。ここはやはり、iPhone 6が来るまではiOS 6.1.3のままでいる方が賢い選択なのかもしれません。

category: iPhone

2014年03月13日(Thu) [長年日記] edit

iPhone 4sにiOS 7.1を入れてみた!

 前回書いた、iPhone 4sにiOS 7.1をインストールするかしないかという話。それを決心するには、一度試してみるしかない。しかし、試してダメでも元には戻せない。それじゃ試せないじゃないか。

 という所で止まっていたのですが、ふと思い出しました。我が家にはもう一つ、iPhone 4がありました。そう、今ではほとんど使っていない妻のiPhone 4です。これなら試せる。失敗しても重くなるだけで使えなくなるわけではない。

 ということで、妻の許可を得て、早速インストール。しかし、元がiOS 5だったためかわからないけれど、iOS 7.0.6しか出てこない。まずはこれを入れてから7.1なのか。そうだろうとは思っても、やはり怖い。ええい、ままよ! と、インストールボタンをポチる。

 iOS 7.0.6のインストールが始まった。恐々と見守る。結構時間がかかったけれども、インストール終了。折角なのでここでいろいろ試してみる。確かにちょっと引っかかりを感じるけれども、イライラする程でもない感じ。しばらく使ってみないとわからないかな。iPhone 4とiOS 7.0.6の組み合わせで一番問題視されているのが、文字入力中に落ちることがあるらしい。それはアカン。それさえ無いなら結構使えそう。これは期待出来る。

 で、次に7.1にアップデート。10分位いじってみる。インストール直後は若干動作が重くなるらしいのだけれど、それでこれなら我慢出来る。というか、普通に使える。

 これは入れてもいいかもしれない。

 ということで、iPhone 4sにもインストール。ああ、とうとうこれで後戻りが出来ないことに。

 確かにちょっと重くなっているけれども、使用に支障はないと言えますね。とはいえこの辺が限界なのでしょうけれど。

 しばらく使ってみて、また思うところがあればエントリーしてみます。

category: Apple iPhone

2014年03月19日(Wed) [長年日記] edit

iPhone 4sにiOS 7.1を入れてみた! その後

 「iPhone 4sにiOS 7.1を入れてみた!」その後ですが、速度については今の所不満は無いです。でもバッテリーの減りが早くなりましたねー。感覚的な話ですが、iOS 6から比べると、1.5倍以上早くなったんじゃないのかな?

 こんなもんなのか、今後のアップデートで解消されるのかわかりませんが…。つい先日にiPhone 4sのバッテリーを新しくしてから快適に使えていたので、ちょっとうっかりするとバッテリーアウトで落ちてるなんてことがあったりするというこの状況は、ちょっと頂けないですねぇ。

 今後のアップデートでも直らないなら諦めるしかないんですけども。(´_ゝ`)

 で、iOS 7になったので、省電力モードが使えるMovesを久しぶりに入れてみましたが、さらに減りが早くなって、しかも心持ちiPhoneが熱くなってるような…?

 ということで、1日使って即削除。やはりGPSを遠慮なく使うこの手のライフログアプリはどうしようもないですね。

 ライフログは後からの閲覧性が良くないと、記録している意味が無いのですが、この辺もなかなか難しい。「○○に行ったのっていつだっけ?」と探してみても、具体的な地名や場所等までも自動的に記録されるわけではない(されていても地名が正確じゃないし、だいたい何となくで記録されているパターンが多い気がします)ので、探すのが大変。

 たとえば「旅行で○○へ行ったのいつだっけ?」という場合、地図を表示してその場所を見に行くと、ピンが立っていて、タップするとそこに絡むルートが判るとか、通ったルートが全て色が変わっているとか、期間で絞れるとかいった、後からでも探しやすい仕組みが無いと、そもそも記録している意味が無いわけです。

 ということで、まだまだ発展途上ですかね。とにかくざくざく記録してくれるのはいいけれど、後のデータ活用の方法と、バッテリー問題をクリアしてくれないとなかなか使い続けるのは難しいです。

 それならTwitterでまめにつぶやいている方が長続きするし、検索性もいい。

 とはいえ、今後を期待させてくれるカテゴリーでもありますからね、成長を見守っていきたいと思います。

category: Apple iPhone

2014年03月20日(Thu) [長年日記] edit

命日

 今日は父の命日。丸8年で、明日からは9年目に突入。早いねぇ。もう会わなくなってそんなになるんだねぇ。

 ということで、仕事半ドンにして、午後からお墓参り。そしていろいろ雑用を済ませ、自宅でお清め。抗がん剤でほとんど食べられなくなった父が、唯一「買ってきて」と言っていたジャムパンをお供えした。

 しつこく書くけれど、「親孝行したい時に親は無し」は本当だから、みんな親孝行しようぜ。

category: 特別

2014年03月26日(Wed) [長年日記] edit

iOSアプリのライブシミュレータを試す

 その昔、YAMAHAのDSP技術とかいうもので、CD音源をライブ会場のようにするアンプが存在していました*1。そもそもは、映画館の響きを再現して、さも劇場で映画を観ているかのように振る舞うのが目的だったかと。

 当時はドルビーサラウンドもやっとDTSが出て来た頃。YAMAHAはこれまた独自の方法で、それまで5.1chだったサラウンドを7.1chに増やし、上記の響きというものを追加して来たのです。

 この頃から、「空間の響き」というものが好きでした。全身に音のシャワーを浴びるような感覚。音像定位などなんのその。どこから音が来るのか判らないような酩酊感とでも言いますか(このアンプはそこまでじゃなかったけども)。なので、このYAMAHAのアンプはかなり気に入って使っていました。

 結婚してからはあまり「音楽を聴くために」聴くという事をしなくなり、基本的にはBGMとして流す事が増え、これら大掛かりなシステムは次第に埃を被るようになるわけなのです。

 そして10年も過ぎた昨今。とうとうこれがiPhoneアプリとなって帰ってきました。それがこの「ライブシミュレータ」というものです。ライブ会場の残響や、アプリによっては声援も入ったりして、ずいぶんと進化しています。

 そもそもこのタイプは「高音質な音源をさらなる高音質で」なんてものではありません。言い換えてしまえば、ノイズを加えてあえて聴き辛くするものです。物によっては低音が強調されたり、壁一枚隔てたような、こもった音になったりします。もちろん、そういう効果が目的なので、「音が悪い!」とかレビューしてる人は完全なるお門違いですね。他所へ行ってくれって感じです。

 要はシミュレータなのですから、何となく自分が「あ〜、ええなこれ」って思える会場を探し出せればそれで成功です。

 これら「響き」にはおおまかに2種類あると思います。「ロングエコー系」と「ショートディレイ系」です。前者は大きなホールやスタジアム等。後者は小さなライブハウスや中規模なホール。個人的には広がりを感じるロングエコー系が好きなのですが、Stage Passについてはショートディレイ系が多いですね。これはこれで悪くないです。時折何が鳴っているのか判らなくなるのも良く出来てます。

 ではアプリ別にざっと。

Stage Pass

Stage Pass (iTunes Store)

 Stage Passの欠点と言えば、会場が多過ぎて、好みを探すのに一苦労することですかね。(笑) 例えば、観客収容数、残響時間、ホール床面積というような指標でソート出来ると、好みを探しやすいと思いますが、今からそういうデータを揃えるのも大変でしょうね。あまり無理は申しません。

 日本の会場も含めて欲しいですね。今もあるのか知らないけど六本木PIT INNやBlue Note TOKYOから中野サンプラザ、NHKホール、武道館等々。興味のある会場は尽きません。

 後述のLive Tunesのような声援はありません。あくまでも会場の残響を楽しむものでしょう。貸し切りの気分を味わえます。

 今の所気に入っているのは、

  • Rockaway Tavern (Denver, CO):残響と音の変化がちょうど良い。ショートディレイ系ですね。
  • Pete's Candy Store (Brooklyn, NY):ちょっと遠くで鳴ってる感じ
  • Liberty Hall (Lawrence, KS):やや大きめのホール。低音部が雑にならない所が好感。
  • Kulturhaus (Seelow, Germany):会場の写真からするとずいぶん残響がある。壁面の素材によるのかも? ロングエコー系に入るかな。
  • Wonder Ballroom (Portland, OR):倉庫みたいな会場。残響も低音も良く響く。
  • The Vic Theater (Chicago, IL):舞台からずいぶん遠い感じ。ホール後方のVIPルームに居るとこんな風に聴こえるのかな。BGMにはいいのかも?
  • Union Hall (Brooklyn, NY):狭いホール。ショートディレイ系。音はあまりいじらず、残響だけで作り上げた感じ。

 てな所ですか。原音があまりに変わっていると、聴いていて疲れるので、なるべくそうでない会場を選んだつもり。

 そうそう、このアプリはバイノーラル技術を用いているそうなので、スピーカーで聴くよりはイヤホン、ヘッドフォンで聴くのがいいらしいですよ。やってないですけど。www

Live Tunes

Live Tunes (iTunes Store)

 会場数は多くないけれども、どれも特徴のある会場を厳選している感じなので、悩まなくていい。

 肝心の声援ですが、会場毎に細かく作り込まれていて面白いです。アリーナやスタジアムは本当にやかましいくらいワーキャーしている(音量は選べます)し、小さなクラブは声援が近い。シンフォニーホールは律儀に声援が少ない(クラシック聴くにはいいかも)といったように、よく考えられてます。

 曲間の静けさから、曲の始まりでどっと声援が出る所など、良く考えられてます。本当にライブ音源を聴いているかのごとく。聴き飽きたアルバムも、これでまた息を吹き返す。音楽の聴き方の革命と言ってもいいかもしれませんね。

 また、演奏中の画面で上にフリックすると観客のアイコンが出て、それをタップするとさらに観客が盛り上がってくれます。ギターソロに入ったらわざと押してみるとさらに臨場感倍増。面白いです。

 最初に選ぶならこのアプリがいいと思いますよ。まずはアリーナかロックスタジアムを選んで、観客のボリュームはMAXに。これだけでこのアプリの凄さがわかります。

 いやぁ本当に良い時代になったものです。(笑)

*1 過去形なのは、今どうなっているのか知らないからである。


2014年03月28日(Fri) [長年日記] edit

YAMAHA SG-1000Nを復活させる

YAMAHA SG-1000N

DMC-GX7, 20mm, F1.7, 1/60sec., ISO800, +0.0EV

 このギターはYAMAHA SG-1000Nと言います。このSGシリーズは、知る人ぞ知るギターです。有名な所では高中正義氏、カシオペアの野呂一生氏、海外ではカルロス・サンタナ氏が愛用している(または“していた”)ことで知られます。

 ざっとスペックなど。

YAMAHA SG-1000N

価格¥100,000(当時のもの)
カラーキャンディトーンレッド/インディゴブルー
スケール628mm
フレット22F
ピックアップセミオープンハンバッキング(スピネックス)×2
コントロール2V,2T(バイサウンドSW付)、マイクSW
ボディメイプル+マホガニー
ネックマホガニー
指板ストライプドエボニー
ボディ/ネックセットネック
ペグダイキャスト製トルク調整付・ゴールド
重量4.2kg(実測で4.0kg)

 ネットで調べた所によると、SG-1000Nの発売は1983年とのこと。自分は高校生でした。当時は派生モデルがたくさんありましたが、今現在YAMAHAのサイトでは3種類しか無く、どれも30万円越えという、ハイエンドなものしか残っていないようです。

  

 確か、記憶ですが当時はSG-1000、1500、2000とあったかな?*1 2000はハイエンドですので買えるはずも無く、しかもこのSGシリーズはネックが太目で、ガキンチョの、しかも人と比べて小さめの手だった自分には難しいギターでもありました。

 そんな83年に、YAMAHAはSG-1000Nというシリーズを発売します。このNはNarrowのN。細いという意味ですね。通常のものよりも、ボディとネックが薄く作られています。重量は、今現在の実測(人間用体重計)でぴったり4.0kgでした。ま、薄くても重たい事に変わりはありません。

 ボディとネックが薄いのに、なぜ細いという意味のNarrowを名付けたのかというと、本当は薄いという意味のThinから、SG-1000Tと名付けたかったらしいのですが、既にそういう型番があったらしく、Nが付けられたとかなんとか。当時は楽器店で試奏してびっくりしましたね。「これなら弾けるかもしれない」って。

 話は昔へ戻って、自分がギターを初めて手にしたのは、小学6年位のころでした。まずはフォークギター。姉が持っているのに興味を示し、適当にいじっているうちに、コードというものを知り、アルペジオを覚え、中学生の頃になるともうギター一辺倒で成績は下がる一方。まぁさておき。

 最初に弾いたのは“さだまさし”氏の曲でした。彼の歌がとにかく好きで、まず覚えるならこれしかあるまいと。しかし彼の歌はキーが全然合わないので、歌うことはありませんでしたが…。

 その頃に、友人の影響で高中正義氏の存在を知ることになります。当時の彼は「トロピカルサウンド」なんて呼ばれてました、どこか南の島を思い起こさせる楽曲がたくさんありました。なんだかそれが気に入り、レンタルレコードや友人から借りたりしていろいろと聴き始めることになります。

 当然そうなると弾いてみたくなるのが人情。もちろんエレキギターではなく、フォークギターで練習を始めるのですが、子供の手ではフォーク弦をチョーキングするなんて不可能(いや今でも無理だ)。ひとまず運指だけ覚えているうちに欲求不満大爆発。(笑)

 そしてある日、錦糸町の交差点の角にあった何でも屋で、当時1万円のレスポールコピーモデルを手にするのです。

 コピーとはいえ、レスポールが1万円ですよ。しかも、レスポールなのにデタッチャブルネックというわけの判らない仕様でした。

 とはいえ初めてのエレキギター。もうそれこそ夢中になって練習に励んだものです。

 その後、TOTOやホール&オーツ、REOスピードワゴン、ディープパープル等の外タレにも興味を示し、フェルナンデスの安いストラトキャスターやレスポール(今度こそセットネック)を通過して、とうとうこのSG-1000Nと出会うことになるのでした。

 夢のSGですよ。ホントに。早速、高中正義氏やカシオペアの曲を練習しまくり、バンドも組んでライブなんてものをやってみたりして。楽しい日々でした。

 当時は件のYAMAHAさんが、こういうアマチュアバンドに広い門戸を用意してくれていて、何度かオーディションも受けました。

 某アイドルの曲をコピーして、コンペティション形式で勝ち抜けば、某大ホールでそのアイドルのバックで演奏する…なんてオーディションもありました。その最終選考まで残って、スタジオアルタで演奏したこともあります。最後は落ちましたけど。

 この時のバンドは、ドラムとキーボードが達人で、プロ級の腕を持ってましてね、私らが高校卒業と共に解散したのに併せて、この二人で新たに組んでイカ天に出ていたらしいです。でも残念ながらそれは見てなかったんですけども。

 さて、その後このSGはどうなったかというと、バンド解散と共に弾くことがなくなりまして、ずーっと部屋の押し入れに閉じ込められたままでした。家も変わり、結婚もして、20年ほどが過ぎましたが、ここ最近またなんだか高中正義熱が上がってきてまして、初期のアルバムを買い漁り、毎日のように聴きまくっていたらまたうずうずとギター弾きたくなりましてね。

 とうとう納戸から出して来たんですよ。もうね、塗装が白濁しちゃってるし、金属パーツは錆びかかってるしでちょっと悲しくなりましたが、弦を張り替えたらあの頃の感覚が蘇ってきました。

 ネットで調べてみた所、この塗装の白濁はYAMAHAのエレキギター特有の現象だそうな。保管状態が良くなかったのは事実ですが、良くあることなんだそうで、いずれ、再塗装でもしたい所です。と、その前に調整に出したいですね。ネックも反っているでしょうし。

 白濁と錆は仕方ないので、ウエスでボディを磨き、金属類を金属磨き用のウエスで磨いた所、ちょっとはマシになりました。

 久しぶりのギター。こんなに1フレット遠かったっけ? こんなにネック太かったっけ? で混乱しまくり。

 弾き出して数日が過ぎた所ですが、だいぶ勘を取り戻してきましたね。初日は全然指が動かなかったのですが、今ではもう半分くらい取り戻した感じです。やはり当時の猛練習は簡単には忘れませんね。

 アンプも手放してしまったので音は出せませんが、そのうち小さなのでも買ってみたいです。

 捨てずに取っておいた楽譜も納戸からたくさん出して来たので、しばらくはギター三昧ですよ。もちろんウクレレもね。

category: Guitar

*1 1985年のYAMAHAカタログをネットで見つけました。それによると、当時では、SG-3000 CUSTOM / SG-2500 / SG-2000 / SG-1600 / SG-1300TS(ロック式トレモロアーム付き) / SG-1300-24(24フレット) / SG-1300 / SG-1000-24(24フレット) / SG-1000N(Narrowネック) / SG-1000 / SG-510 等がありました。結構ありましたね。そうして見ると、SG-1000Nは少なくとも83〜85年の2年間は販売されていたということになります。自分もその頃に買ったのでしょう。


2014年03月31日(Mon) [長年日記] edit

ギター関連のあれこれ

 週末にですね、納戸からYAMAHA SB-200とかovationとか引っ張り出してきました。

YAMAHA SB-200

DMC-GX7, 0.0mm, F0.0, 1/50sec., ISO0, +0.0EV

 YAMAHA SB-200です。SB-200とは、このエフェクターボードのことを言います。このボードに、好みのエフェクターをはめ込んでいくわけなんですな。よって、これだけを買っても無意味で、さらなる出費が発生するというわけです。

 当時はカシオペアの野呂一生氏が使用していたことで、何が何でも欲しくてやっと手に入れました。

 しかしあれからもう20年以上。まだ電源を入れていないのですが、果たしてちゃんと音が出るんでしょうかねぇ。

 エフェクターの並びはセオリー通りにしたつもりですが、本体上部のパッチで自由に入れ替えることができます。

 とりあえずアンプを手に入れない事にはどうにもなりません。(笑)

ovation

DMC-GX7, 0.0mm, F0.0, 1/25sec., ISO0, +0.0EV

 ovationディープボウルです。ギターを始めた頃、「道具は良いものを」と祖母が買ってくれました。今では形見と言ってもいいのかも。

 当時はどちらかというと、サイモン&ガーファンクルで有名だったような。当然、その手の曲をよく練習してました。普通のフォークギターよりも弦高が低く、リードが取りやすかったです。音量は控えめで、やはりPA経由で鳴らすものでしょう。

ovation ヘッド部

DMC-GX7, 0.0mm, F0.0, 1/15sec., ISO0, +0.0EV

 ヘッド周り。全体的にもSG-1000Nほど痛んではいないようです。ネックの調整に出せば、すぐに使えるようになるかも。

アルフィーピック

DMC-GX7, 0.0mm, F0.0, 1/80sec., ISO0, +0.0EV

 ovationのケースに、アルフィーのピックが入ってました。未使用です。せっかくなのでこのまま使わずにおきましょう。いつ買ったのかまったく記憶にありません。(^_^;

 TwitterでRT頂きましたが、恐らく1984〜1985年頃ではないかとのこと。

高中ピック

DMC-GX7, 0.0mm, F0.0, 1/40sec., ISO0, +0.0EV

 今でも販売してるんですかねぇ。高中ピックです。でももう削れちゃって使用不能ですかねこりゃ。新しいタイプが売っているのならまた買いそろえたいところです。

 青いピックにKITTYとあるように東芝EMI移籍前の時代のものですね。当時はもう暇さえあればお茶の水へ通って、買いもしない楽器店で無駄な時間を過ごしてました。でも楽しい時間だったと思っています。


 てことで、あとはギターアンプがあれば、サウンドテスト出来そうです。エフェクターもまぁまぁ残っていて、一通りのことは出来そうです。

category: Guitar

最新 追記

1998|04|05|06|09|10|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|03|04|05|06|
2002|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|


ブログ内全文検索(grep.rb)

Twitter

@ittokudayo からのツイート

最近のコメント

  1. いっとく (12-06)
    ありがとうございます。 でもこういうことは自分で管理出来なくなった時点で終わりだと思っています。出来ないなら他社の..
  2. みの (12-05)
    不具合が出たらお知らせください。 無償でバージョンアップも含め、調査、対応作業をします。 お気軽に相談くだされば..
  3. いっとく (10-26)
    ちょいと調べてみたところ、上記でOKみたいですが、モバイルSuicaの利点の一つだった、指定席でも普通料金以下で乗れ..
  4. いっとく (10-26)
    ん? ちょっと整理させてください。 ビューカードによるオートチャージが可能であれば、Safari等のブラウザを使..
  5. みの (10-26)
    ネットでチケット予約も、ビューカード決済ならチケットレスですよ。モバイルSuicaと全く変わらないと思います。アプリ..

最近のエントリー


画像一覧はこちら!

買いまくった高中正義サマ作品群 カップスター しょうゆ味 今日はタンメンの日 やっと買えた高中ピック ディズニーランドにて(iPhone 6 Plusで撮影) カバー取り付け 開封 iPhone 6 Plus白箱 OCNモバイルONE ナノSIM 高中正義氏「夏・全・開」をゲット