いっとくの戯言書庫

自転車とディズニーとカメラとAppleとウクレレとギター好きのブログです。

 過去のエントリーはこのページ下端にリンクがあります。
 当ブログでは「Amazon.co.jp アソシエイト」を利用しています。

最新 追記

2002年09月02日(Mon) [長年日記] edit

Service

 東京ディズニーランド(以下、TDL)の、年間パスポートというものを買いました。ウチの奥さんの誕生日も近い…ということで思い切りました。もちろん、一人分だけ買ってもあまり意味が無いので、二人分です。

 これで来年の今ごろまで、好きな時に好きなだけ行くことができます。ということで、先週末はただ単に、

「夕食に、ハングリーベアレストランのカレーが食べたい」

 という理由だけで、夕方から行ってきました。普通、そんなことは考えませんが、そういうことがまかり通るようになってしまいました。自宅から自転車で30分弱という距離も、気楽に行ける要因ですね。

 これまで、TDLの花火を見るために、葛西臨海公園に行ったりしてましたが、これからは直接中に入って、見る「だけ」ということもOKなのです。

 あんまりこんなことをやっていると、だんだん行ったときの感動が薄れていくのかも…という不安がありますが、そこは東京ディズニーリゾート、飽きる頃にまた新しいイベントが始まったりしますから、たぶんきっと大丈夫なのでしょう。

 なんてやっている間に、今度は東京ディズニーシーが1周年だとか。次はこちらですかね。

 自分、そんなにディズニーが大好き! という程ではないんですが、とにかくここの徹底的に管理されたシステムにやられておりまして、行く度に「すばらしい!」と感動し、そしてまた足を運ぶ気になってしまいます。

 お仕着せではない、とにかくゲストを楽しませようという心遣いが、最近のいろんなあれこれから感じる「この頃のサービスの低下」のイライラを吹っ飛ばしてくれるのです。

 先日は水道橋にある某遊園地にも行ってみました。しかし、何かが違うんです。客は、チケットを買って、その代償として乗り物に乗って、ハイ、お帰りください。そんな印象でした。バスやタクシーに乗るのとはわけが違うんです。そりゃ、アトラクションに乗っている間は楽しいです。でも、スタッフの接客態度や、周りの環境などが、アトラクションから降りてきた瞬間に、私を現実に引き戻してしまう寂しさがあります。なにかこう、真心みたいなものが伝わってきません。他にも、目をやるあちこちが汚い。生ゴミと思われるゴミ袋が、客の目に留まるところに平然と置いてあるなど、どうにもやりきれない気持ちになってきます。

 あんまり書くとただの愚痴になってしまいますね。この辺で…。

 そんなわけで、TDLへ行くとホッとします。そう、これこそがサービスなのだと。だから、それに見合う料金を払おうじゃないかとも思えるわけです。現実的に見たら、TDLって高いです。でも、安いんです。目に見える部分以外にも、いろんな満足を与えてくれるから…。

 ひとたび中に入って出てくる間、最高の夢を見させてくれる。そんな場所。どこでもいいんです。遊園地じゃなくても、たとえば飲み屋だってそういう場所になりえます。もっともっとそんな場所が、自分のラインアップに加えられるようになったらいいなと思います。

category: TDR

2002年09月17日(Tue) [長年日記] edit

新装開店?

「いっとく HomePage!」は引越しました。

 ところでいきなり話は外れますが、ホームページ、HomePage、web site、いろいろ言い方はあると思うんですが、使い分けている人っています? どういう意味で使い分けるものなんでしょうね?

 さて、このたび、“enthusiast.jp”というドメインを取得しました。これからはこのドメインをメインに(洒落ではありません)、今後もいろいろな情報発信をしたいと思っています。

 enthusiast.jp にした理由は、ウチの奥さんとドメインネームの相談をしているときに、「ウチら、一度ハマりだすとなんでも激しいよね」って話になって、それじゃ、そういう意味を持つ言葉は何だろう? と探した結果がこれでした。

 普通、日本語だと「エンスー」です。でもあまり馴染みが無いですよね。どちらかというと「マニア」って言葉がピンと来ると思うんですが、英和辞典を見ていた限りでは、英語で言う「mania」はあまり良い意味がなく、どちらかというと「病的な」意味合いを含むのだそうです。英語ではこれではなくて、「maniac」というのが一般的なのだとか。

 これとは別にあるのが、「enthusiast」です。「熱心家」「〜狂」なんていう意味になるようです。「enthusiastic」で、「熱狂的な」という意味になります。上記の「エンスー」ですが、英語ではそういう発音はしないようですね。

 ちょっと見ないドメインだし、今後は自分だけのディレクトリではなくて、家族のページも増えていくかもしれないということで、あえて「ittoku」というドメインは避けてみました。

 これを機に、内容を一新してみようかとも思っていたのですが、なかなかその暇が取れず、最近では更新のペースもがっくりと落ちていますので、コンテンツをそのまま移動させるにとどまりました。でもそのうち、ちょっと内容の整理をしてみたいなと思っています。どうか長い目で見ていてください。

category: internet

2002年09月18日(Wed) [長年日記] edit

幾つ目のターニングポイント?

 仕事の話。

 近々、転職を予定しています。予定は未定なわけで、どうなるかはまだわかりません。
 一つ、呼ばれているところがあります。そこは、主に仕事の進行状況を管理したり、アルバイトさんたちを教育したりする、いわば、役のつかない管理職みたいな感じです。横文字で言うと“マネージメント”でしょうか。

 ここへ行けば、多少はきつくてもかなりの収入アップが見込めます。お金のことだけを考えると、とてもおいしい話です。

 でも私はどうしても気乗りがしません。なにせ、私は人に物を教えたり、人を管理したり、リーダーシップを取るということがとても苦手なんです。

 人に命令ができない…とでも言うのでしょうか。普段からあまり自分に対して自信みたいなものが無いということもあり、「人に指図できる立場かよ」なんて思ってしまうんですね。
 仕事は仕事として、こういうことは区別しなければいけないのですが、どうにも自分の心に嘘がつけないとでも言いましょうか、自分を偽ってまでやらないとならないことなのか?と、すぐに疑問の壁に当たってしまうのです。
 人に任すことが出来ないから、来る仕事は全部自分でやる。終いには、仕事の山にうずもれる自分がいるわけです。この辺、しっかりとしている人は、どんどん人を使い分けてあっという間に片付けてくれますよね。

 適材適所という言葉があります。どんな社員でも、役割というものがあると思うんです。もちろん、やってみないとわからないことってあります。やらないうちから何もわかりませんし、わかったような振りをするのはよくないことだと、十分身に染みているのですが、今の仕事は、すでに2年を超えて、これから面白くなっていく気がしているのに、そことまったく違う職種に異動するのはとても不全感があります。まだまだ現場作業をしてみたいんですね。

 たぶん、この話は断ることになるでしょう。でも、だからといって、今の仕事をいつまでも続けていられませんから、同じ職種で、社員でやれるところを見つけないとなりません。またしばらく忙しくなりそうです。

category: 仕事

2002年09月21日(Sat) [長年日記] edit

スカッとさわやか!?

 なんかスカッとしたいですね。この頃は、あんまり自転車に乗ってないから、スカッとしないのですよ。乗ってないから乗れなくなってくる。だから余計に爽快感も薄れそう。

 以前の自分の限界をわかっているから、それより以前に息が上がって、足がいっぱいになってくると、なんだか「なんだよ、こんなもんかよ!」ってイライラして、逆に欲求不満になりそう。(^^;

 こんな状態だから、10月恒例の直江津は行かないかもです。わかりませんけどね。全然走ってないからこそ、力つきてみたい気もあったりして。でも、320km/24hourなんて、そんな生半可に達成できるほどお気楽なものでもないことは確かですが…。

 9月は気温も下がってきて、走るには丁度良いんですが、何しろ雨が多い。この頃は朝、なかなか起きられないから、バタバタしている間に通勤時間が無くなって、ずっと最短コースしか走ってないのです。

 あ〜、自転車以外にスカッと出来ること探そうかな。(笑)

category: 徒然

2002年09月24日(Tue) [長年日記] edit

UGO復活

 しばらく直せないで壊れたままになっていたUGOが復活しました。

 それは以前のこと。タイヤ交換時にホイールの取付けを誤ったらしく、走り出してしばらく「ぱき、ぱき」という異音が。なんだろう?と、様子を見つつ走っていると、次第にペダルが重くなり、終いにはまったくペダルが踏めない状態に…。
 ホイールを見ると、なんとハブのシャフトが横にずれ、シールが剥き出しに、ベアリングが顔を出し、すでに数個はどこかにおっこどしてきたようで、まさに壊滅状態。家からは近いところだったので、そのままその日は担いで帰宅。UGOで良かったと思う瞬間。

 修理には相当の費用がかかるはず。ということで、ある程度資金がまとまるまで壊れたまま。つい先日にやっとUGOを買ったローロさんに、現状と解決策を相談。結局、UGOを作っているメーカーは完成車メーカーであることで、ハブ一個を注文するより、ホイールごと購入したほうが入荷が早いこと、ハブだけを買ってホイールを組めば、結果、価格的に近くなってしまうことが理由となり、ホイール組で購入しました。これが思っていたよりもはるかに安く、こんなことならすぐに注文すればよかったと、お決まりの後悔。

 新たに来たホイールは、手で回すとやっぱりゴロゴロ感があるんですが、実際に取り付けてみるとなかなかいい感じの走行感。以前のは、押して歩いているとペダルも一緒に回ってしまったんですが、それがかなり軽減されてます。こういうのはやっぱり個体差というか、ばらつきがあるんでしょうかね。

 久しぶりのUGOは、その軽快感、そしてポタに最適なサイズと、久しぶりの爽快感を思い起こさせてくれました。またこれからいろいろといじって、いろいろ走りたいと思います。

category: 自転車

2002年09月25日(Wed) [長年日記] edit

TOON TOWN

 ディズニーランドの話。
 実はこれまでTOON TOWNというところに足を踏み入れたことが無いんですが、ここ最近よく寄るようになりました。ここは子供向けの敷地だと思っていたんですが、いやいや、なかなかやってくれます。

 私には姉がいることもあって、子供の頃はよくリカちゃん人形などで遊んでおりました。リカちゃんハウスなんてものもあって、箱のようになってるんですが、広げると中には立派な間取りがあるわけです。

 一度その中に入ってみたい。

 そんな衝動に駆られた人はいるかもしれません。子供の頃はやたらと「自分の空間」というものにこだわっていたみたいで、他にも、折り畳みのマットレスをいくつか立てて壁を作り、そこに「自分の空間」を作ってみたり、小学生の頃は、自分の家と称して、ログハウス風の、6畳一間の小屋のスケッチをノートに落書きしていたりしてました。

「現実とは違う、独特の空間」

 うまく言葉に出来ませんが、リカちゃんハウスの中に、そういうものを感じていたのは確かなようです。
 TOON TOWNに足を踏み入れて、ミッキーやドナルド、チップとデールの家の中に入ったとき、久しぶりのその感覚を思い起こしました。リカちゃんハウスに入り込んだような、そんな感覚。家具や装飾がすべて丸みを帯び、やわらかいデザインと、サイズがやたらと不思議な縮尺でまとめられており、きっと現実には存在しうるはずの無い(=製品化されるはずの無い)ものたちがそこにあるわけです。この不思議な感覚は、そこへ行ってみないとわからないでしょう。

 そんなわけで、私はなんだかこの空間が気になって仕方がありません。
 思えば、ウエスタンランドにも木の上に建てられた家がありましたが、あそこもまた面白くて興味深い空間です。

 こういう間取りって、随分と無駄な空間が出来てしまうものですが、ウサギ小屋に形容されるように、日本の間取りはとにかく、その無駄な空間を作らないように設計されてますよね。間取りはもちろん、収納にいたるまで。TOON TOWNに存在する家々は、そのまったく逆で、とにかく無駄な空間が多い。これをゆとりと受け取っていいものかはわからないんですが、それが私には妙に心地の良い違和感となって、こういう不思議な感覚ということで感じているのかもしれません。

 今は自宅があるので、将来別荘なんか建てられるようになったとしたら、こういう、不思議で、独特で、無駄な空間が楽しめるのを作ってみたいですね。まぁ、夢で終わるんでしょうけど。

category: TDR 徒然

最新 追記

1998|04|05|06|09|10|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|03|04|05|06|
2002|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|


ブログ内全文検索(grep.rb)

Twitter

@ittokudayo からのツイート

最近のコメント

  1. いっとく (12-06)
    ありがとうございます。 でもこういうことは自分で管理出来なくなった時点で終わりだと思っています。出来ないなら他社の..
  2. みの (12-05)
    不具合が出たらお知らせください。 無償でバージョンアップも含め、調査、対応作業をします。 お気軽に相談くだされば..
  3. いっとく (10-26)
    ちょいと調べてみたところ、上記でOKみたいですが、モバイルSuicaの利点の一つだった、指定席でも普通料金以下で乗れ..
  4. いっとく (10-26)
    ん? ちょっと整理させてください。 ビューカードによるオートチャージが可能であれば、Safari等のブラウザを使..
  5. みの (10-26)
    ネットでチケット予約も、ビューカード決済ならチケットレスですよ。モバイルSuicaと全く変わらないと思います。アプリ..

最近のエントリー


画像一覧はこちら!

買いまくった高中正義サマ作品群 カップスター しょうゆ味 今日はタンメンの日 やっと買えた高中ピック ディズニーランドにて(iPhone 6 Plusで撮影) カバー取り付け 開封 iPhone 6 Plus白箱 OCNモバイルONE ナノSIM 高中正義氏「夏・全・開」をゲット