いっとくの戯言書庫

自転車とディズニーとカメラとAppleとウクレレとギター好きのブログです。

 過去のエントリーはこのページ下端にリンクがあります。
 当ブログでは「Amazon.co.jp アソシエイト」を利用しています。

最新 追記

2000年07月11日(Tue) [長年日記] edit

忙殺の週末

 引っ越しが完了しました。
 人の引っ越しを何度か手伝ったこともあり、そのキツさはわかっていたつもりなのですが、いやまぁ、それでも結構大変でした。しかもこの土日だけでは、まだ完了してはいないのですが、私は平日は仕事なので、とりあえずお役ご免となっています。

 ひとまずの住処は、自宅から近所の、3DKのマンション。ここに家族で住んでいるわけなんですが、意外と快適です。(家賃がかなり高額なので、快適じゃないはずはないんですけど…)

 私の場合、持ち物が多いので、全部をここへ持ち込むことができず、貸倉庫にその大半を押し込んでしまったため、かなりスッキリしているのですが、そのせいもあるかもしれません。

 私の部屋は、マンションサイズの6畳。通常の6畳よりはやや幅が狭いようです。ここに自転車が5台入っている(笑)ので、ちょっとごちゃごちゃした感じですが、これも私の「幸せのカタチ」ってやつなので、問題にはなりません。

 これから年末までここで暮らすことになります。今のところ、部屋の見た目はシンプルきわまりないんですが、出ていく頃になったらまたカオス状態になっちゃうんですかね。(汗)

 そう、今回の引っ越しで、「たまにはものを捨てろ」という、大切なことをひとつ学びました。今までは、「もしかしたら何かの役に立つかもしれない…」と思って取っておくものが結構あったんですが、今回で思い切って捨てました。“使うかもしれない”とは思いつつ、これまで使わなかったんだから、無くたって問題にはならないだろう…。

 これが意外と気分的にもスッキリして、やっぱりたまには整理が必要だな…と思いましたねぇ。

あじさいの季節。CASIO QV-8000SX

category: 日常

2000年07月14日(Fri) [長年日記] edit

棚ぼた、ひょうこま

 引っ越しの準備から引っ越し完了までの間に、世間ではいろいろなことがあったようです。“ようです”と書くのも、この間は少々、新聞とかTVから遠ざかっていたので、よくわからないのです。(^_^; なにやら、バットで親を殺した少年が1,500kmほど自転車で逃走したとか、雪印がつぶれたとか、そごうもついでにつぶれたのはいいけど、借金を税金でまかなうとか…。(基本的に又聞きで、どこまで正確な話か知りませんので、間違っているかも)

 牛乳の話をちょっとするとですね、私は結構よく飲む方なんですが、飲むとかなりの確率でお腹がゴロゴロしちゃいます。それでも好きだから、かまわず飲んでましたけど。(^_^;

 ま、なんにしても早く事の解決へ向けて尽力して欲しいです。とか言いつつ、解散に追い込まれるかも?(^_^;<雪印

 さて、本題へ入りましょう。今日のタイトルは、「棚からぼた餅、瓢箪から駒」の短縮形です。(笑)
 今日の内容は仕事について。おかげさまで、6月27日からアルバイトを開始しました。4日間の研修を、板橋区某所にて受け、7月3日からいよいよ本番スタート…となるはずだったのですが…。

 実際に勤務地へ出向いてみると、本来の求人内容であった「スキャニングオペレーター」としての業務はまったくありませんでした。今日現在に至るまで、スキャナには手も触れてません。やっている仕事といえば、別のラインの仕事ばかり。あんまり詳しく書けませんけど、要するに肉体労働です。

 チラッと聞いた話によると、まだ本業の注文が入っていない(その業務は立ち上がったばかりなのです)ので、しばらく待ってくれ…ということでした。でも、連日こんなことでは、不安が募る一方。どうにもならないので、ある日の残業後、担当社員の人と食事をして帰ろうとなった席上で、私は聞きました。

「しばらく、この状態が続くんでしょうか?」

 担当社員の人は、「ふっ」と笑った感じで「そんなわけないだろう」と返してきました。今はあくまでも暫定的な仕事だから、しばらく辛抱してくれ…と。そしてその直後、私は棚からぼた餅を受け取るわけです。

「君には、これからカラー制作をやってもらおうかと思ってる」

 え? カラー制作? なんだそれ?
 聞けば、DTP部隊のアシスタントとして、カラー出力や、制作の人の補助をやってくれということだったんです。

 なんてことでしょうか。何度も面接を受けて落ち続けてきた職種が、いきなりこんな形で実現されようとは!
 驚いた! なんてものじゃないです。その場で卒倒しそうなのをかろうじて耐えていた…なんて感じでしょうか。諦めかけていた道が、また開き始めた瞬間。言葉にはなりません。

 面接の時、研修の時、別ラインで仕事をしているとき、ことあるごとにチラリチラリと自分の希望を訴えていた甲斐があった……? のかどうかは不明ですが…。

 これから、カラーの知識と、DTPの知識を詰め込むため、数日講習会などが中心になるようです。掴みかけたこのチケット、放してなるもんですか! そんな覚悟でこれからに臨もうと思います。

 でも、ここのDTP、Windows DTPなんですよね~。(泣) まぁ、贅沢は言いますまい。とにかく頑張るだけです。

謎の巨大生物? CASIO QV-8000SX

category: 仕事

2000年07月17日(Mon) [長年日記] edit

帰ってきた「物欲の季節」

 まいった…。

 また自転車が欲しくなってきてしまいました。(^^; 今度もまた、折り畳みにしたいと思ってます。理由はあるんです。今の職場は、テナントビルの中にあるんですが、なんとこの敷地内には駐輪場が無いんです。そのため、自転車通勤をしても、敷地外の道ばたに停めるしかないのです。これでは盗難やいたずらが心配だし、出勤後に雨が降ったら雨ざらしになっちゃうし、「雨だから電車で帰るか…」となったらその場に置きっぱなしになるだろうし…で、いろいろと問題が出てきます。

 しかしこれが折り畳みなら、毎日折り畳んでロッカールームの片隅にでも置いておけるし、折り畳んで輪行すれば、出勤後の雨も恐くありません。

 というわけでの折り畳みなのですが、しかしちょっと待ってください。確か自分は2台の折り畳みを持っているはずでは…?

 そう、そうなんですが、この2台、アマンダは時間がかかりすぎて言うに及ばず。レ・マイヨWも折り畳むのに工具がいるし、畳んだ状態で自立しないし、畳んだところで結構大きいし…で、今の状況には合いそうもありません。

 ここで、今回必要としている折り畳み自転車の要素とは、以下の通り。

  • 工具なしで素早い折り畳み。
  • 畳んだ状態で自立する。
  • 自立させて、折り畳んだ状態が簡単に崩れない構造であること。
  • 畳むとコンパクトになる。
  • 徹底的に軽い、もしくは、移動時に転がせる。
  • 走りは求めなくとも良い。所詮片道15km以下。
  • 価格は、安いに越したことはないけれど、価格と重量は反比例なので、軽さを求めると必然的に高額になる。安くて軽いなら言うこと無し。
  • 泥よけがつくなら、それに越したことはない。
  • ポジションは、今回はスポーティじゃない方がいいかな。

 道ばたに遠慮なく停められるという点では、いっそママチャリにしちゃってもいいのだけど、基本的に道ばたへの駐輪は良くありません。いわゆる、放置自転車として、社会の迷惑です。(建前)

 上記の条件を、すべて満たす折り畳みは存在しませんが、とりあえず当てはまるものは…

  • ブロンプトン 67,000円~128,00円
  • トレンクル7500 103,000円
  • BD-1(C)(もしくはプジョーパシフィック18) 95,000円~125,000円
  • トランジットTCP12 39,800円

 こんなところですか? ダホンのヘリオス系の畳み方をする自転車(レ・マイヨWもそう)は、たいていが「折り畳んだ状態が簡単に崩れない構造」ではないため、選択肢には入りません。

 とにかく、「畳むとコンパクトになる」という条件を鑑みると、20インチ折り畳み車はすべて外れます。18インチ~14インチ以内がいいところでしょう。トランジットTCP12は12インチで、泥よけもつきませんが、価格が魅力です。

 一番当てはまる項目が多いのは、ブロンプトンでしょう。強いて言うなら重いことくらい。価格は、幅があって67,000円~128,00円まで。私にとっては、この価格の違いによる差は判別不能だったので、買うなら当然安い方。どうせ後からいじるんだろうし。

 トレンクルは、めちゃめちゃ軽いのだけど、その分高い。畳み方もヘリオス系なので、畳んだ状態は、簡単に崩れそう。

 BD-1は、価格がトレンクル以上に高い。走りはそれなりに良さそうだけど、以前の調査で、私にはハンドルが遠い。ハンドルが近いBD-1Cというラインアップもあるのだけど、これは色が白しかない。BD-1に、BD-1Cのハンドルを入れ替えて近くする方法はあるのだけど、もちろんその分値も張る。

 第三者の意見で、「ワンタッチピクニカ」「トレンクルサーフ」というご意見も頂戴しましたが、この2台、どちらも自立せず、畳んでもそれほど小さくなりません。長くなるだけ。更にどちらもちょっと重め。

 なんだかどれもパッとしません。まぁ、「これだ!」てのがあっても困っちゃうんですけどね。(^^; 今はまだローンをたくさん抱えている状態だし。しばらくは無理なのです。じゃーなんでこんな日記を書いているのかというと、単に文章にして気を紛らせているだけなのです~。

 こんな独り言におつきあい頂き、感謝。m(__)m

バベルの塔じゃありません。横浜ランドマークタワー。Cannon PowerShot A5 Zoom

category: 自転車 物欲

2000年07月23日(Sun) [長年日記] edit

徒然シリーズ

 うむぅ。

 仕事、頑張ってやってます。基本的にパソコンに囲まれた仕事は大好きだし、それにプラス、カラーやDTPの、業務レベルの知識が詰め込めるのはたまりません。残業も、そんなにしているわけではないけれど、あっても全然辛くないし、以前の職場とはやはり段違いですね。あ、まぁ、今の自分があるのも、以前の職場の先輩方のおかげなので、感謝はしてます。(上司を除く)

 でもさすがに、1年間のブランクは、体力的にキツイものがありますね。とはいえ、ここ1ヶ月で、その辺、何とか勘所をとらえたというか、ようするに、「疲れたときは甘いもの」なんですよ。

 甘めの缶コーヒーでもいいし、カロリーメイトでも、チョコでも、時間を決めて採る。これは効果的ですね。イライラしてきたときは特に効きます。

 特に、頭を使う仕事では、糖分の摂取は大切。脳はブドウ糖というガソリンで動くエンジンみたいなもの。ガス欠になる前に補給です。みなさんもお試しあれ。

 さて、世間はすでに夏。暑いですね。今は職場の往復で朝晩に自転車に乗っているだけなので、昼間の暑さをあまり体験してないんですが、休みの日などに表に出ると、ホント、倒れそうですね~。

 そうそう、昼間の暑さといえば、エアコンの効いた部屋で仕事できることのありがたさったらないですね! 以前の職場はもう、遠慮なく暑かったので、毎年夏は覇気がなかったんですが、今年はなんとかなりそうかな。

 通勤時に自転車で汗をかいているから、エアコンにも強いし、夏ばてもしなくなったし、自転車は本当に最高ですね。交通費も浮くし。(笑)

 自転車といえば、「並木橋通りアオバ自転車店」の2巻が出ました。今回、ちょっと絵が荒れてますね。(;_;) でも、ストーリーは相変わらず良いです。今回は、1巻とは若干カラーが違って、「世の中には、いろんな自転車があるんだよ」って紹介しているような感じでしたね。BMX、デモンタブル、ミキスト(男が乗ることを許さない、女性のための自転車…と思ってますが…)、ワンタッチピクニカ、メルセデスベンツ…等々。

 自転車というのは、実に美しい。

 そうなのです。ママチャリしか知らなかった昔の私とは違って、今の私には、外装式変速機のメカニカルな美しさ、変速の絶妙な動き、そしてそのたたずまい、フレームの妙、それらを感じ取ることができます。とても幸せ。(^▽^;

 構造そのものはシンプルで、そしてその働きは実に美しく、一切の無駄がない。まさに、完成され尽くして今の姿がある。そこまで言い切りたいくらいです。

 そしてアマンダなど、斜め後ろから見たスタイルは、本当に「ほ~」っと力が抜けてしまうくらいに美しい。こいつは本当に、三途の川にまでも持っていきたいと思いますね。小さくなるから、棺桶にも入るかも。(笑) 製鉄所並の火力がいるな。(爆)

 アマンダは、機械でのオートメーションとは違う、ビルダーさんの魂が込められた特別な自転車です。そして、自分のサイズに合った、世界でひとつだけの、自分のための自転車です。まぁ、だからといって、マスプロやママチャリが悪いなんて意味じゃありませんよ、念のため。

 そして自転車を見るだけでなく、実際に乗って、接しているときの爽快感。これが私を虜にさせるのです。自転車なら、何十キロだろうが、移動手段として成り立ちます。そして、上り坂。自転車にとって上りは本当に辛いものです。ペダルにかかる重み、スポーツ車は上半身の筋肉も使いますから、足だけでなく、全身の筋肉を総動員して、効率的にペダルを踏まないとなりません。私がそれをできているかは別として。(^^;

 そうして頭の中を真っ白にして、坂の頂上へ、最後の一踏みを踏み終えた瞬間のあの爽快感。これだけは、どんなに言葉にしても伝え切れません。そして、更に「次はもっと高く、遠く」を試してみたくなるんです。

 先日の東京-直江津は、夜も黙々と走るだけだったので、正直、つまらなかったんですが、しかし、一日24時間で上越まで行けてしまったという事実は、自分にとって何かを感じさせるきっかけにもなったようです。

 アマンダのお客さんには、5日足らずで本州を縦断してしまう人も居ます。それも、一度だけならず、チャレンジを重ね、自己の記録を更新しているのだとか。

 自分も、なにかもっと、自分の糧にできるような大きなことをしてみたい。それは自転車でなければならないわけではないけれど、でも、自転車は自分にとって大きな可能性を与えてくれる。やるならこいつしかないと、そう思わされる自分がいます。

 おっと、ちょっと長くなってしまったので、続きはまた…。

やっぱりバベルの塔じゃあーりません。リバーシティ21に架かる、中央大橋です。CASIO QV-8000SX

category: 徒然

最新 追記

1998|04|05|06|09|10|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|03|04|05|06|
2002|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|


ブログ内全文検索(grep.rb)

Twitter

@ittokudayo からのツイート

最近のコメント

  1. いっとく (12-06)
    ありがとうございます。 でもこういうことは自分で管理出来なくなった時点で終わりだと思っています。出来ないなら他社の..
  2. みの (12-05)
    不具合が出たらお知らせください。 無償でバージョンアップも含め、調査、対応作業をします。 お気軽に相談くだされば..
  3. いっとく (10-26)
    ちょいと調べてみたところ、上記でOKみたいですが、モバイルSuicaの利点の一つだった、指定席でも普通料金以下で乗れ..
  4. いっとく (10-26)
    ん? ちょっと整理させてください。 ビューカードによるオートチャージが可能であれば、Safari等のブラウザを使..
  5. みの (10-26)
    ネットでチケット予約も、ビューカード決済ならチケットレスですよ。モバイルSuicaと全く変わらないと思います。アプリ..

最近のエントリー


画像一覧はこちら!

買いまくった高中正義サマ作品群 カップスター しょうゆ味 今日はタンメンの日 やっと買えた高中ピック ディズニーランドにて(iPhone 6 Plusで撮影) カバー取り付け 開封 iPhone 6 Plus白箱 OCNモバイルONE ナノSIM 高中正義氏「夏・全・開」をゲット