いっとくの戯言書庫

自転車とディズニーとカメラとAppleとウクレレとギター好きのブログです。

 過去のエントリーはこのページ下端にリンクがあります。
 当ブログでは「Amazon.co.jp アソシエイト」を利用しています。

最新 追記

2000年05月06日(Sat) [長年日記] edit

想い出の君…

 小学校の時の同級生で、思い出深い人がいました。

 その子は女の子で、取り立てて私と仲が良かったわけではありませんが、でも、私の記憶からは消えることのない女の子でもあるのです。

 私の祖父はアパート経営をしていました。その女の子一家は、偶然にそこに住むことになりました。それ以来、特別な感情は抜きにして、普通の友達として仲良くしていました。

 ところがある日、その子の母親が亡くなるという事態に陥ってしまいました。父と娘だけになった生活がどんなものかは、幼少の私に知る由もありませんが、その後しばらくして、後を追うように父親も亡くなってしまったのです。

天涯孤独となったその子は、親戚の家に引き取られ、しばらくの後、私たちは小学校を卒業しました。

 それからどのくらいの時が過ぎたことでしょう。ある日偶然にその子と街で再開したのです。一言二言、会話はしたと思いますが、記憶には残りませんでした。

 何年かして、親の話から、今度はその子が亡くなったという話を聞きました。なんという運命か。私にはどうしてもその話は信じられませんでした。聞くところによると、偏食による栄養失調がもとだったらしい…という話でした。

 同級生が死んだ。それほど仲が良かったわけではありませんが、やはりその衝撃は大きかったのです。最後の再開の時、彼女とは何を口にしたのか、どうしても思い出せないのです。私にはそのことがなぜか後悔されてなりません。

 さらに時は流れ、ある日私は夢を見ました。彼女が私に向かって何かを訴えている夢でした。しかし、目が覚めて、何を言わんとしていたのか、まったく記憶にはありません。彼女が私を必要とするようなことがあったのだろうか。思い立ってお墓参りをしようと、両親に墓の場所を聞きましたが、彼女が亡くなったというのも、すでに古い話だったので、知ることは出来ませんでした。親戚も今はどこにいるのか、それすらもわかりません。

 両親を失った時点で、何もしてやれなかった自分を、その時になって始めて後悔したのです。最後の再開の時、交わしたはずだった会話を、思い出せない自分の苦悩が、そのような夢になったのかもしれません。

 今となってはどうしようもないことではありますが、きっと今頃は、天国で両親と仲良く過ごしているんでしょう。そうであることを願って止みません。

ガムボールの海…。Cannon PowerShot A5 Zoom

category: 徒然

2000年05月13日(Sat) [長年日記] edit

就職先は「路上生活者」

 就職がまだ決まっていません。
 目指している道はあったんですが、そろそろ諦めなくちゃならないかな…って考えてます。

 先日受けた企業での話だったんですが、私の目指す道での求人は、そのほとんどが「経験者のみ」の募集なのです。しかし、求人の中には未経験の募集をしているところもありました。でも、未経験でも募集するということは、裏を返すと「誰でも出来る仕事」または「誰であっても出来るようなシステムが組まれている仕事」ばかりなのです。そこに、個人の意見が挟まる余地などありませんし、あってはならないというのです。

 つまり、「私じゃなくちゃ出来ない仕事」というような、個人に頼るシステムは、企業にとって命取りになりかねないわけです。企業はとにかく「入れ替えのきくシステム」を構築していくけれど、働く方としては「企業から必要とされる人間でありたい」んです。私ならでは、私だからこそ出来る仕事。この、二律背反状態に、そろそろ見切りを付ける時期がやってきたのかもしれません。

 私のような未経験の人間が、新たな道に進むためには、この二律背反をいかに克服していくか…に尽きるんじゃないかと思います。今後も、もう少しがんばれば、何かしらの企業に引っかかることは出来るかもしれませんが、上記の現状がある限り、私はどこにも引っかからないし、引っかかったとしたなら、どちらかがどちらかを騙していることになってしまいます。

 その企業の人は言いました。

「あなたの目指している道は、正直言ってここでは到達できないでしょう。こうハッキリ言ってしまうのも、お互いのためなんです」

 その一言は、とてもありがたいものでした。私は正直に「ここでこういうことがやりたい」と言ったことに、企業も正直に答えてくれたのです。(本音はわかりません。でも、私はそう思います)

 目指す業界は、このような現状で、難しくなってきました。私にはもう時間があまりありません。失業保険はもう終了しましたし、蓄えも底をつきつつあります。今までは、したい仕事をするために職探しをしてきましたが、これからは生きていくための職探しをしないとなりません。

 これも運命なのでしょう。「やりたいこと」と「やれること」は違います。そこは履き違えず、今後はやれることを模索していきたいと思います。時間はありません。焦らねば。

誰でしょう? (横浜中華街にて) Cannon PowerShot A5 Zoom

category: 徒然

2000年05月18日(Thu) [長年日記] edit

徒然シリーズ

どうして審判への暴力が無くならないのか。

 …という見出しの雑誌がありました。野球の話です。私はあんまり野球を見ないし、生中継の延長でその後の番組がずらされることに非常に立腹する人間なので、すっごく冷めた目で見てるんですが、こんなの理由は簡単じゃないかと思いませんか。選手の、審判に対する信頼がないからでしょう。

 この頃の審判のミスジャッジは多いと聞きます。実際、あとからVTRで確認しても完璧に間違っていることも、今じゃよくある話です。こういうことが増えているのなら、暴力沙汰になってもしょうがないじゃないですか。プロは生活をかけてやっているんです。スポーツマン精神なんて甘っちょろいことを言っていられるのは、せいぜい高校生のスポーツまででしょう。

 正々堂々と戦うことと、ジャッジミスを飲むこととは、私は違うと思ってます。ミスはミスとして正すことこそが、正々堂々と言うのではないかと思うんです。

 ルールでは、審判のジャッジは絶対だと言います。でも、間違っていることは事実なんですよ。そこに事実がある以上、審判のジャッジなど黙って飲めるわけがありません。

 審判の数が減らされてからこういうミスジャッジが多いと言います。それでも人数を増やせないのは、人件費などの問題もあるんでしょう。しかし、ミスが増えていることを是正せずになにが「審判のジャッジは絶対」なんて言えますか。そんなの、町中で酔っぱらいが「俺がルールだ」って言っているのとどこが違うんですか。こんなの誰も相手にしないでしょう。それとレベルは一緒だと思っちゃうんですよ。

 人間はミスをするんです。それを前提にしてのジャッジ方法を模索していかなければ、公平とは言えません。抗議が上がれば、VTRなどで確認するとかして、ミスを正すべきです。そして、ミスが認められた審判にはマイナス点を与え、ランク付けをしていくべきでしょう。審判は人間であり、神じゃありません。ミスをすることを前提に、試合を進めて行かなければ、今後もこういうことは起こります。

 ルールを守ることが、選手の義務だという意見もあります。それはその通りです。しかし、そこに絶対的な間違いがあれば、是正するのが正しい姿だとは思いませんか。

 VTRで確認するなんてことをやるなら、審判はいらないじゃないかという意見も出てくるでしょう。でも、そんなものに取って代わられちゃうような軽い存在なら、みんなクビにして、浮いた経費で正確なジャッジの出来る設備に投資した方がいい。そもそもそんなことで消えていっちゃうなら、そんなのプロじゃありません。

森さん…。(笑)

 森さん、やっちゃったねぇ。もうこれでお終いかな?

 この人、過去からずーっと失言が多いことで有名なんですが、それを承知で総理にした人間に、一番責任があると思うのは私だけですかねぇ。

 総理の自覚に欠ける。これはまさにその通り。総理という立場がどんなものかわかっているなら、これほどの失言はしますまい。国民はみんなハラハラしていますぞ。たった一人の人間のために、全世界を敵に回す…なんてことの無いウチに、違う人にしちゃいましょう。(笑)

 とはいえ、釈明を聞く限りでは「ああそうですか」と納得できないわけでもないです。昨今の、暗いニュースばかりの世の中、昔はもっと、いろんな意味を含めてシャキッとしていた時代が確かにあったのでしょう。そういう時代がつい頭の中を駆けめぐって、あんな言葉になってしまった…。のかなぁ。(笑)

 思うに、うっかり出てしまった失言ではなく、あまりにも言葉が足り無すぎたんでしょうね。その時にちゃんと説明を含めて言っていればここまでにはならなかったでしょうに。つまり、こういった配慮というものを、昔からやってこなかった森さんの、因果応報なんでしょうねー。反省しましょう。

 次の選挙は面白いことになりそうだ。

4社目も落ちました

 お仕事の話です。(苦笑) 今日、4社目の不採用が決まりました。厳しいですねぇ。今回はそれなりの手応えがあったんですが、何がいけなかったんでしょうねぇ。って、何となく原因はわかっているんです。でもなんとなくだからここには書きません。

 じゃ、その原因らしきものを何とかしよう。とは思っていません。そこは私の意地という奴です。それを変えてしまったら、私は「私として」その企業に入ったことにはならないと思っちゃうからです。それくらい、私の根底に根付いている事柄なのです。

 ということで、気分を新たに、もう少しあがいてみます。

 それにしても、私という人間は、どこの企業にも引っかからないような、つまらないものなんですねぇ。もう少し健闘すると思ってましたが。(笑)(そこはうぬぼれという奴ですか…)

 まぁ、実力も経験も無いのに、あこがれだけで目指すのは無謀かもしれませんが、私もいい年です。そんな時に転職を目指したんですから、やれるだけのことはやっておきたいです。

category: 徒然

2000年05月21日(Sun) [長年日記] edit

やってしまいました

 とうとう自分のページを完全フレーム対応にしてしまいました。普通ならば、フレーム対応と、未対応とコンテンツを分けて作るのが親切というものなのですが、とりあえずフレーム未対応の方向けには、以前以上に細かいサイトマップを提供することで対処していただきたいと思ってます。

 さて、なぜまたいきなりこんな過去のポリシーを完全否定するようなレイアウトにしてしまったのかというと、話せば短いながらも、ワケはあります。

 というのも、今まで掲げてきたポリシーによる「簡素でシンプルなデザイン」というもので満足していたのは私だけだったのかもしれない…。という疑問が持ち上がってきたからです。

 過去に日記で、いろいろとwebデザインに関して書いてきたのは、私のポリシーを提示することでの反応を見たかったという狙いもありました。今のところ、それに関してネガティブなご意見は頂いていません。(=ほとんど反応がなかったともいう…)

 その状況に甘んじて、今日までやってまいりました。でも先日、ある方(webデザインのプロです)から「ずいぶんとシンプルですね(=口調としては「何にも大したことやってないね」という感じ)」と言われたことから、どうも自分のやっていることは、世間とはまったく方向性が違うんじゃないだろうか…という思いを持つようになったんです。

 どうしたらいいのか。しばらく考えてみましたが、まずは「自分のポリシーとは正反対のことをやってみよう」と思い立って、現在のようなレイアウトを作ってみました。

 TOPはサイトマップを廃止、なるべく面積を取らず、メニューも大まかなカテゴリー分けをして言葉数を減らす。足りないメニューはサブメニューを下位の階層に置き、順次それをたどっていくことで目的のコンテンツにたどり着いてもらう…と。

 そのために、ページは完全にフレーム化。作りながら泣けてきましたね。(笑)

 とりあえずこの時点で公開し、今後、順次思いついたデザインでどんどん重くしていこうと思ってます。(^^;

category: internet

2000年05月31日(Wed) [長年日記] edit

落ち続ける自分…。

 とうとう今日で5月も終わりです。

 と、いうことで、5社目も落ちました。しかも今度は面接すらしてくれませんでした。  5月いっぱいが、自分のタイムリミットだと思ってやってきたんですが、いやはや、ここまで時間がかかるとは思ってもいませんでしたね。

 さすがに5社も落ちると、目指す世界では私の生きる道はないのだろうという考えが、固まりつつあります。道はもうあきらめて、生きていくことだけを考えていかないとなりません。短い夢ではありましたが、希望を抱えていられた今までの時間は楽しいものでありました。今後は、しっかりと現実をみていかないと…。(^^;

関係ないですが…

 ATOK13をインストールしてしばらくが過ぎました。2月末でしたから、3ヶ月が過ぎたわけです。今までのATOKというのは、「使えば使うほど、おかしな変換をするようになる」のが当たり前でした。そのため、私は半年に一回くらいは登録単語を抜き出し、環境設定ファイルを保存して、すべてを新たにインストールし直してリセットしてきました。

 かなり手間のかかることですが、それはATOK13になっても変わっていません。しかも今回は3ヶ月で、日本語とはとうてい思えない、単に文字を当てはめただけだろうというような変換をするようになってしまいます。

 正しい学習をさせていない私に原因があるのだろうと、ついATOKを弁護してしまいますが、そういう状態に陥るという現実がある以上、もっと簡単な方法でリセットできるような機能を持たせてはくれないものかな~と思いますね。

 どの単語を残すか(登録単語か、自動登録単語も含むのか…)を決めて、クリック一つで学習してきた内容(主に用例とかになるのかな?)だけをリセットする…。これだけでずいぶん楽になります。

 今この文章は、リセットした辞書で書いているんですが、かなり快適になっています。このリセットって、Apple Scriptでカバーできないものですかね。誰かやってみません?

category: Macintosh 日常

最新 追記

1998|04|05|06|09|10|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|03|04|05|06|
2002|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|


ブログ内全文検索(grep.rb)

Twitter

@ittokudayo からのツイート

最近のコメント

  1. いっとく (12-06)
    ありがとうございます。 でもこういうことは自分で管理出来なくなった時点で終わりだと思っています。出来ないなら他社の..
  2. みの (12-05)
    不具合が出たらお知らせください。 無償でバージョンアップも含め、調査、対応作業をします。 お気軽に相談くだされば..
  3. いっとく (10-26)
    ちょいと調べてみたところ、上記でOKみたいですが、モバイルSuicaの利点の一つだった、指定席でも普通料金以下で乗れ..
  4. いっとく (10-26)
    ん? ちょっと整理させてください。 ビューカードによるオートチャージが可能であれば、Safari等のブラウザを使..
  5. みの (10-26)
    ネットでチケット予約も、ビューカード決済ならチケットレスですよ。モバイルSuicaと全く変わらないと思います。アプリ..

最近のエントリー


画像一覧はこちら!

買いまくった高中正義サマ作品群 カップスター しょうゆ味 今日はタンメンの日 やっと買えた高中ピック ディズニーランドにて(iPhone 6 Plusで撮影) カバー取り付け 開封 iPhone 6 Plus白箱 OCNモバイルONE ナノSIM 高中正義氏「夏・全・開」をゲット