いっとくの戯言書庫

自転車とディズニーとカメラとAppleとウクレレとギター好きのブログです。

 過去のエントリーはこのページ下端にリンクがあります。
 当ブログでは「Amazon.co.jp アソシエイト」を利用しています。

最新 追記

1999年10月06日(Wed) [長年日記] edit

徒然シリーズ

SPEED解散

 私としては、1曲まるまるちゃんと聴いたことがないってくらい興味がないのです。ま、SPEEDに限らず、最近の女性ボーカルは聴くに耐えないのです。  なぜか。理由はあります。私にとって、最近の女性ボーカルはとても耳が痛いのです。どうも声の音色にトゲが感じられ、やたらとキンキンした声で歌う。伸びのあるハイトーンと、やたらとうるさいハイトーンとはまったく違うんです。

 こういう女性ボーカルが増えてしまったのには、原因があると考えます。日本の音楽シーンをダメにした、小室哲哉のせいでしょう。彼が手がけた女性はすべて聴くに耐えません。まぁでも、彼がその原因であるにせよ、それを支持した人たちが居るわけです。そう、世間の方々ですね。

 こうなると分が悪いのは私。なにを言っても誰も聞いちゃくれません。逆に、最近の音楽に着いていけなくなったことで、年寄り扱いされる始末。

 いいよもう、ジジィでも。(笑)

2,000円紙幣発行へ

 そんなコトしている暇があるなら、500円札を復活させろ! 500円玉は使いものにならんぞ! 変造しやすい構造にも原因がある。あらかじめ他国の貨幣を調べたりしなかったのか? 2,000円札なんかいらない。使える500円が欲しい! 出来るなら札。貨幣は重い。

筋肉痛に苦しむ

 たまに、思い出したようにジョギングをすることがあるんですが、やる度に筋肉痛になります。(^^; 無理しているつもりはないんです。そのつもりが無くてもなってしまうんですねぇ。たぶん、自転車で多少は心肺が鍛えられていて、それがジョギングでもそんなに呼吸が辛くならないところから、逆にあんまり使っていない「走る筋肉」だけに負荷がかかる…と、こんな感じですかねぇ。あくまでも想像なんですが。

 やっぱ、ジョギングはやめておいて、ウォーキングにしておいた方がよかったかも。(;_;) ま、筋肉痛って面白いもので、痛いのを我慢して同じ運動をするとちょっと和らいだりするから、また明日にでもやってみますか!

 ……身動き取れなくなったりして。(笑)

浦安にて。OLYMPUS C-1400L

category: 徒然

1999年10月08日(Fri) [長年日記] edit

中古ゲームソフト販売について

 いろいろと騒がれている中古ゲームソフト販売についてです。
 作る方、売る方、それぞれの言い分はよくわかります。確かに、今のゲームはどれもこれも高い。まぁ、元々安かった時期なんて無いけど、社会人として働くようになってからでも高いなぁと思っているくらいだから、私にとってはやはり高いシロモノなのです。なので中古の市場が増えていくのもとてもよくわかります。

 でも、中古市場も私は懐疑的です。なぜなら、その価格の設定にあります。売るお店が独自に決められるため、もしかしたらどこかに不正があったとしても、なかなか発覚しにくいということがあります。私は「店」というのは基本的に信用してません。信用できるのは、その店員、特に店長クラスの人から客に対する情熱が感じられた店だけです。

 店が客を見る態度なんてのは寂しいモノで、あくまでも「1/多数」という目で見られます。なので、何かトラブルがあったとしても、「あんた一人が来なくなってもウチには影響がない」という考えがどこかに感じられます。最近あった東芝しかり、トヨタしかりですね。まぁ、店ばかりが悪いとは決して言えないんでしょうが…。

 今後、この件に関してはいろいろと議論がなされていくことでしょう。私としては、中古市場に対して明確なルール作りがなされることを願います。もちろん、それらを制作したゲーム会社も納得して、お互いに利益が生まれることが大前提です。

 音楽CDやビデオもレンタルと共存して今があります。当時、レンタルに関してはいろいろありましたよね。しかし、しっかりとしたルール作りがなされ、今ではレンタルだけのビデオなんてのも出てくるようになりました。消費者としても、市場の中身がある程度明確になってくれれば、それは信用につながり、今以上に活発化していくと………信じたいですねぇ。(^^;

 消費者って、意外と頭良くないっすから。(笑) あ、もちろん、自戒を込めて書いてます。はい。

若州海浜公園にて。MINOLTA Dimage V

category: 徒然

1999年10月16日(Sat) [長年日記] edit

のんびり出来ない自転車散歩

 常日頃、私は自転車というやつに乗っているんですが、どうも私はこれに「のんびり」乗れないようなのです。気づくともがいていたりして、いっつもゼィゼィいってます。なので、散歩と言うにはほど遠く、いつも「トレーニング」と言っているくらいです。

 でも、ときどきはのんびりと景色などを楽しみつつ、へろ~っと走ってみたくなることもあるワケで…。しかし、なぜいつもこうもがいてしまうんでしょう? 最近、その理由がちょっとわかってきたのです。それは、自転車に乗り始めた頃に頭にあった、その目的と、自転車そのものにあるようなのです。

 まず一つ目、目的という奴ですが、そもそも私が自転車に乗り始めたのは運動不足を補うためで、散歩はまったく考えてませんでした。乗り始めた頃は有酸素運動なんて知りませんでしたから、とにかく思い切り体に負荷をかけるのがいいんだと思っていました。その名残が未だにあるんでしょう。

 それと、やっぱり自分の体を追い込むと、スカッとするんですよね。一直線の開けた道に出たときに、バッと立ち上がり、ギアを上げ、一気に駆けていく。次第に呼吸が荒くなってきて、足がじわーっと重くなってくる。それを我慢して限界までペダルを踏み続け、もうダメだ! ってところで足を止める。その瞬間の脱力感が、結構快感だったりします。

 そして次に自転車。我が家の自転車はすべてハンドルが低めになってます。この、一見戦闘的なポジションが、自分を常に走る気にさせてしまうのかもしれません。というのも、最近人から自転車を預かっているんですが、これがハンドルのかなり高い自転車なんです。これだともうペダルは足でしか踏めません。上半身がなかなか上手く使えないんです。なので、もがくことは出来ません。あ、いや、出来ないわけではないんですが、とてもやりにくい。

 言い換えれば、ターボすら無い軽自動車(しかもAT)であれば、飛ばさないけど、スカイラインのGT-Rなんかだったりすると、ついアクセルに力が入っちゃう……みたいな心理状況ですかねぇ。

 このようなわけで、この辺を何とかすれば、自転車のお散歩を楽しめるのかも? なんて。え? なんか変なことを考えているだろうって? ふふふ……。( ̄▽ ̄)

若州海浜公園にて。QV-8000SX

category: 自転車 徒然

1999年10月17日(Sun) [長年日記] edit

自分探し…?

 以前の私には「理想の自分」というものがありました。少しでもそれに近づきたくて、ずいぶんと無理をしてきたような気がします。でも、結局叶わぬ夢と散ってしまったようで、今では「自分は自分」と半ば開き直りにも似た気持ちで今を過ごしてます。

 しかし、今でもその気持ちがちょっと顔を出したりすることがあります。「あ、出てきたな…」と気づけばいいんですが、無意識に出て来ちゃっているときなどは、後から「あああ…」と落ち込んでみたり…。気を付けようと思ってはいるんですけど、やっぱり「自分を抑える」というのはとても難しい。まだまだ私は大人になり切れていないのかもしれません。

 どうすればいいのか…? 「自分は自分」と言いつつも、やっぱりまだ「理想の自分」の影に脅かされているみたいです。でも、またそれを追いかけてしまったら、同じ事の繰り返しです。

 …なんて考え込むのも「自分」なんでしょうかねぇ。よくわかりません。堂々巡り。とりあえずやれることから始めて行くしか無いのかも…。

 どうしよう。(^^; ワケわかめ。

皇居近くにて  皇居近くにて。QV-8000SX

category: 徒然

1999年10月20日(Wed) [長年日記] edit

変食文化?

 世の中の若者には、偏食ならぬ「変食」が蔓延しているとTVで言ってました。まぁ、マスコミの言うことですから、話半分以下に聞いておくとして、そのメニューが「紅茶漬け(またはウーロン茶漬け)」「ポテチ茶漬け」「納豆ラーメン」「食パンに海苔の佃煮」「マヨネーズご飯」というものでした。

 私は未だに自宅住まいですけど、にもかかわらず変食です。上記で言うと、納豆ラーメンなどは定番ですね。そして、自分は微妙な味の違いがわかりません(美味い不味いはわかりますが)ので、もしかしたら味覚障害かもしれません。味覚障害の定義がよくわからないので、実際はどうなのか知りませんが。

 あまり大きな声じゃ言えませんけど、食卓に上がるメニューもほぼ9.9割がお惣菜などの出来合いのものばかりです。昔はそうじゃなかった記憶がありますが、いつからそうだったのかは覚えてません。というより、それが当たり前だと思っていましたから、さほど疑問にも思っていませんでした。

 しかし当然、味にも飽きてきます。違う味が欲しい。でも、メニューはいつもの通り。こうなれば、目の前にある食べ物の組み合わせでしのぐしかないわけです。例えば、ソバはそばつゆです。天ぷらもそばつゆです。そこで「天そば」という発想が出てくるように、ラーメンにしょうゆ味があり、納豆にはしょうゆを使うことで、納豆ラーメンという発想が出てきてしまうんですよね。そうなると試してみたくなる。北海道でもラーメンリゾットなんてへんてこな食べ物を作っていたことからもわかるように、思いつくとやってみたくなります。

 味には、うま味、辛味、酸味、甘味、苦味の五つが基本としてあるそうで、それらをまんべんなく食すことが良いとされているようです。しかしコンビニやファミレスの食べ物には、うま味と辛味、甘味がほとんどを占めているそうで、これらだけで食事を済ませる事もまた問題だとか。

 しかしながら、私には食文化というのはよくわかりません。とりあえず、偏らない程度に食べてさえいればいいじゃないか…と言うのが本音ですし。なので食べ物には基本的にこだわらないし、高いお金を出してまでおいしいモノを食べたいとも思いません。「基本的に…」と書いたのは、ときどきこだわったりする(北海道のウニみたいに)こともあるので、境界がハッキリしているわけじゃありません。

 とはいえ、食文化なんて言っても、コンビニやファミレスのメニューだって、今の食文化なワケで、それぞれの時代にそれぞれの食があるということで良いんじゃないかな~と思います。言葉の乱れもそうでしょう。乱れていると言いつつも、誰もが使っていればそれはもうスタンダードになってしまいます。なってしまえばもう語り継がれたりするわけですから、もう十分に文化だと。(^^; まぁ、異論反論がある人はいるでしょうけど、とにかく一言だけ、今回の主張として言いたいのは、

 納豆ラーメンはいけます。

 ってことだけ。(笑)

 ではまた。(^^;

街灯。QV-8000SX

category: 徒然

1999年10月21日(Thu) [長年日記] edit

今日の新聞

西村防衛政務次官更迭

 なぜ、気づかない。(←マトリックス風に)

 アレは小渕総理と綿密なシナリオの元に仕組まれた二人のコントだったのに。(笑)

 ということで、非常に笑わせていただきました。記者会見では是非お二人で「いー加減にしなさいっ!」という締めをやってほしいですね。

タクシー運転手は雲助 (…が数知れずいるらしい…)

 まことに「偏見に満ちた差別発言」ではあるけれど、非常に同感です。(^^; なぜって、私は過去に乗ったタクシーのウチ、半分はおかしな人だったから。これはもう自分の体験という刷り込みがされてしまっているからどうにもなりません。

 共通しているのは、そういうおかしなタクシー運転手は「自分のこと」しか考えてません。「タクシー乗り場で客待ちに1時間もかけたのに、乗ってきたのはこんな近距離の客だ」ってコトで徹底的に嫌がらせをしてきたり、「渋滞しているから降りろ」と言わんばかりに降車を強要してきたり…。乗っている客の都合はお構いなしです。

 こういうコトが私には非常に多いため、普段、タクシーは使わないんです。でも、どうしようもなくなって乗る時もあります。そういうときに限ってこうなんですよね。もうタクシーという存在は、自分にとって恐怖以外の何者でもありません。なので、雲助発言は「偏見に満ちた差別発言」であるというコトは重々わかっているけれど、同じ気持ちでいる人が居てくれたことでは、非常に救われる記事でありました。

荒川土手にて。Olympus C-1400L

category: 徒然 報道

1999年10月22日(Fri) [長年日記] edit

Xデー来る!

 とうとう今日がやってきました。「劇場版 機動戦艦ナデシコ」発売日。

 劇場で初めて観たのが……えーと、いつだっけ。去年の11月か12月頃。記憶は不明瞭だけど…。そこから足かけ約1年も待ったんですよ~。お店で予約したのが4月。長かったなぁ。

 早速、朝早くから自転車で秋葉原へ向かうも、途中で悪魔のささやきが聞こえてきました。

「もうちっとサドルの高さ上げたら?」

 そうだなぁ。もうちょっと上げてみるか。と、途中でアーレンキーを取り出してサドルを5mmほど上げ、シートピンを締め付けたところでいきなり「カクッ」と軽くなりまして…。

 「がーん! またやっちゃったよー!」

 そう、シートピンをねじ切ってしまったのでした。(; ;) 時間は午前10時前。過去にも一度やったことがあるので、ここの締め付けだけは気を付けていたのですが…。

 この時間では行きつけの自転車屋さんはまだ開いていないので、サドルがくるくる回るような状態のままで秋葉原へ。帰りに店へ寄って応急処置だけしてもらって帰ってきました。今日はTVの星占いも最低順位だったし、イヤだなぁと思いつつ、最高の買い物は出来たので良しとしましょう。

 でもって立て続けに3回ほど観ました。画質は思っていたより良かったので一安心。ただ、我が家のSONY KV-36DR9で観た場合、ときどきエッジが甘くなるシーンが見受けられました。まぁこれはそれだけ思い入れがあって、他の作品よりも厳しい目で見ているためであり、気にする程じゃないですが…。

 サウンドは、プロロジックにも関わらずサラウンドのノリが意外に良く、思った以上に楽しめました。

 この物語を観るのも、上記の通り久しぶり。しかも当時はTVシリーズを一切知らないで観ていましたから、深いところまではまったくわからず、ホシノルリというキャラクターだけにシビレっぱなしでいたのが思い出されます。  今ではTVシリーズを観たこともあり、多少受け止め方は違いますが、とにかく観ている間は鳥肌が立ちっぱなし。ゾクゾクゾク…。

 なにがそんなに良いんだと聞かれると困っちゃいますが、心の琴線に触れるとでも言いましょうか、とにかく自分の心にビシビシと響いてくるモノがあります。こればかりは自分だけが感じていることかもしれませんので、あえてこの作品を人に薦めることはしませんが、興味が出てきたらTVシリーズから観てください。(笑)

 悲しいのは、これでこの物語も終わりだということです。続編は99.99%作られないでしょう。もし、記憶が自由に操れるのなら、何度でも「初めて観たときの衝撃」を味わえるのに…。でももうその感覚も味わえません。これからは今ある作品をひたすら見返すコトだけですね…。これもまた良しかな…?

葛西臨海公園のノラ猫。ここはノラ猫が多くて、食べ物を持ってうろうろしているだけで四方八方を猫に囲まれてしまいます。Cannon Power Shot A5 Zoom


1999年10月24日(Sun) [長年日記] edit

cannondale R600 延命措置

 最近気づいたことがありまス。

 以前にも書いたことかもしれませんが、ロードのcannondale R600のフレームが自分にはどうも合っていないような気がしてました。なぜそう思うのかという理由はあります。
 ドロップハンドルの自転車は我が家に2台。上記のR600と、折り畳みのレ・マイヨWです。で、これらで同じ坂を上ってみると、明らかにレ・マイヨWの方が走り易いんです。レ・マイヨWは重量もR600より3kgくらい重いし、20インチタイヤで少々乗り味に癖があるしで、明らかに不利です。でも、とても力が入れやすく、すいすいと上れてしまいます。

 このことから、もしかしたらやっぱりR600はポジション(=フレームサイズ)が合わないのかも…という疑問があったワケです。それでロードフレームだけを買って、パーツを入れ替えようか? と考えてはいたんですが、どうも釈然としない。やはりスッキリするためには原因を追及せねば! そう思い立ち、ポジションの違いを、メジャーを使って計測してみたんです。

 サドルの前後位置、高さなどはどちらも合わせてあるので、残るはハンドルの距離と高さ。ここで驚いたのがハンドルの距離。今まで何気なく「乗りやすいかどうか」という感覚だけでハンドルの遠さを決めていたんですが、なんと2台ともほとんど同じ。誤差は1cmもありませんでした。そして、高さだけが大きく異なっていました。その差約3cmでレ・マイヨWの方が低い。

 乗り難い、合わないと思っていたR600は、ただ単に「ハンドルが高かった」だけのようです。
 とりあえず疑問は解けました。後は、ハンドルを下げ、同じポジションとして乗ってみることで判断するしかありません。

 しかし、ここで大きな問題があるんです。R600は「これ以上ハンドルは下がらない」んです。それでも下げるには、「下を向いたステム」でないと不可能です。でもでも、ロード用ステムでそんな製品を見たことがありません。たいてい上向きか、水平です。万事休す? いえいえ、方法がないわけでもありません。レ・マイヨWで使っているコラムアダプターを使い、MTBのステムを上下逆さまに付ければ下げられます。でも、それだと少々重くなってしまいます。我が家で一番軽い自転車ですから、なるべくならグラム単位であっても重くしたくない。

 あと方法は無いのでしょうか?
 いいえ、無いことはありません。作るんです。

 そう、ワンオフで作ってもらうしかありません。どこかでステムを作ってくれるところを探し、そこへ発注するしかありません。

 でも、幾らかかるのかまったく不明です。もし、1万も2万もかかるのでしたら、その分をやはり将来のフレーム代に回した方が賢いと思います…。

 というワケで、結局、この件は実現することなく諦めることにしました。とりあえず今後もいろいろと自転車屋を巡って、下向きのステムが無いか探してみるつもりですし、R600はチッポリーニにあこがれて買った自転車ですから、なるべくならずっと乗っていたい気持ちもあります。

 ポジションが合わないという、決定的な欠点に気づいてしまいましたが、それはあくまで「スポーツ走行に限った話し」ですから、ここはひとつ考え方を大きく変えて、「街で軽快なシティサイクル」として気持ちを切り替えよう! ということで、逆にハンドルをサドルと同じくらいの高さにまで上げ、楽なポジションでほげ~っと乗れるようにしてしまいました。

 そうしたらなんだか良く乗るようになりました。(^^; やはり街乗りは楽な方がいいってことでしょうか。(笑) それとも、自分にとって「力の入れやすいポジション」は、「疲れるポジション」というコトでもあるんでしょうか。

 低いハンドルポジションで乗り続けるには、上半身の強化が不可欠です。腹筋や背筋で上体を支えられないと、すぐに腰が痛くなったりしちゃいます。自分にはまだまだそこまでの体が出来ていないのかもしれません。そういえば、レ・マイヨWに長く乗ると確かに疲れます。これは「乗り味が硬い」ことから、ありとあらゆる振動が体に伝わってくるせいだと思っていたんですが、もしかしたら違うのかもしれません。

 試してみることはまだまだたくさんあって、どこから手を着けて良いモノやら、自分でも混乱しつつあるんですが、一番いけないことは、「自分にとって理想のポジションってどんなの?」ということが未だにわかっていないことでしょう。そこがわからないから、どこへ向かって煮詰めていけばいいのかわからないんです。

 一度、計測器などで計ってみたいですね。そして自分にとっての理想のポジションで、徹底的に走ってみたいです。

cannondale R600 QV-8000SX

category: 自転車

1999年10月27日(Wed) [長年日記] edit

私が下町を好きなワケ

 先日、昼間(もちろん平日)にフジテレビ周辺を自転車で散歩していたら、とあるモニュメントの上にたくさんの「デジカメ」を並べている人がいました。たぶん、プロカメラマンの取材だったんでしょうけど、平日昼間のお台場はこんな感じでたくさんの撮影風景を観ることができます。お台場だけにあらず、佃のリバーシティ付近も昔の面影は無く、今ではTVのCMでも使われるようになりました。

 晴海の「東京国際貿易センター」跡は、今では見る影もなく、新たな開発がどんどん行われているようです。こうしてまたしばらく通らないうちに、がらりと姿を変えて行くんでしょう。

 昔の、もう観られない街並みも懐古心がありますが、しかし、悲しいだけでもありません。こうして少しずつ変わっていくのを眺めていくのもまた楽しいモノです。お台場など、昔はなーんにも無かったのに、今じゃ休日は人と車でごった返してます。都市博は中止になってしまいましたが、もしも開催されていたなら、今とは比べられないくらいに栄えているんでしょう。それもまた見たかった気もしますが…。(^◇^;

 特に下町というのは、元々の景観が古くさいモノですから、開発後とのギャップが凄まじい。とんでもなく高いビルがそびえ立つ視界の中に、古い家並みが入り込んでいると、いったい自分はどこに住んでいるんだろう? というような感じで半分混乱してきてしまうこともしばしば…。

 でも、心のどこかではその感覚を楽しんでいるところがあります。変わっていくこと自体がすべて良いとも言えませんが、今の自分には「変わっていくこと」に対してずいぶんと憧れみたいなモノがあるようです。これは変わろう変わろうと躍起になって、結局なんにも出来なかった自分の姿とをダブらせているのかも? 変わっていく街を観ることでちょっと安堵感を覚えたりするのもそのせいかもしれません。

 これからまた数年、十数年過ぎたら、街はどうなって行くんでしょうか。そしてその頃の自分はどうなってるんでしょうか。楽しみ半分、恐さ半分。(^^; 

先日の満月。なかなか良く撮れました。QV-8000SXのみでの撮影です。さすがは光学8倍ズーム。

category: 徒然

最新 追記

1998|04|05|06|09|10|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|03|04|05|06|
2002|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|


ブログ内全文検索(grep.rb)

Twitter

@ittokudayo からのツイート

最近のコメント

  1. いっとく (12-06)
    ありがとうございます。 でもこういうことは自分で管理出来なくなった時点で終わりだと思っています。出来ないなら他社の..
  2. みの (12-05)
    不具合が出たらお知らせください。 無償でバージョンアップも含め、調査、対応作業をします。 お気軽に相談くだされば..
  3. いっとく (10-26)
    ちょいと調べてみたところ、上記でOKみたいですが、モバイルSuicaの利点の一つだった、指定席でも普通料金以下で乗れ..
  4. いっとく (10-26)
    ん? ちょっと整理させてください。 ビューカードによるオートチャージが可能であれば、Safari等のブラウザを使..
  5. みの (10-26)
    ネットでチケット予約も、ビューカード決済ならチケットレスですよ。モバイルSuicaと全く変わらないと思います。アプリ..

最近のエントリー


画像一覧はこちら!

買いまくった高中正義サマ作品群 カップスター しょうゆ味 今日はタンメンの日 やっと買えた高中ピック ディズニーランドにて(iPhone 6 Plusで撮影) カバー取り付け 開封 iPhone 6 Plus白箱 OCNモバイルONE ナノSIM 高中正義氏「夏・全・開」をゲット