いっとくの戯言書庫

自転車とディズニーとカメラとAppleとウクレレとギター好きのブログです。

 過去のエントリーはこのページ下端にリンクがあります。
 当ブログでは「Amazon.co.jp アソシエイト」を利用しています。

最新 追記

1999年09月21日(Tue) [長年日記] edit

キャンプと自転車

若州海浜公園にて。Cannon PowerShot A5

 なんか、ぼーっとしているウチにここも1ヶ月ぶりになってしまいました。(^^;

 先週の土日は茨城の涸沼という沼にあるキャンプ場で友人を誘ってキャンプサイクリングをしてきました。北海道ツーリング以来、キャンプ生活にすっかりはまってしまったので、連日じゃないにしても、たまにはテント張ってシュラフで眠る生活をしてみたくなるわけです。

 この頃はキャンプが大流行しているみたいだけど、まぁ、確かに楽しいモノです。ふだんとは違う生活を体験するというのは新鮮であるし、それによってふだんの生活にも張りが出て来るんじゃないかなぁと思います。

 一泊程度なら荷物も少なくて済むし、今、時間があるウチにいろんな所へ行ってみたいですね。今回は車に自転車を乗せての交通手段だったけど、一人なら150kmくらいなら自走できるし…。でも翌日は死んでそうだから、帰りは電車になるかな?(^^; とか、いろいろと考えてみたり…。

 さて、そういう意味も含みまして、やっぱり自分に合ったツーリング車というのが欲しくなってきました。ま、レ・マイヨでも十分なんだけどね。(^^;

 んで、ツーリング車なんですよ。
 コンセプト自身、まだ本決まりしてない状態なんですが、いくつか候補があります。

  1. 純粋なランドナー
     やっぱり一台はあっていいんじゃないかなーと思ってます。
  2. 700Cクロスベース
     27インチドロップのクロスにキャリアを付けても行けるかな? キャリアを外せば町中では軽快なクロスバイクとしても使えるし。
  3. MTBベース
     ハードテイルMTBにドロップハンドルを付けたモノ。もちろんこんなの売ってないので、オーダーでやってもらう必要があるでしょう。

 こんな感じなんですけど、果たしてどれがいいんだろうか…という明快な答えは全く出てません。

 1.はもうど真ん中の直球って感じですよね。これが一番差し障りが無くていいのかもしれませんが、とりあえず、本命は後にまわしておきましょう。(^^;
 2.は、なかなかいい点をついているかなぁと我ながら思ったりしてます。普段でもお散歩バイクとしても、また本気走りでも十分使えそうなところが魅力。
 3.は一番の理想バイクなんですが、いかんせん、フロントフォークにMTBのサスを使うというのが、ツーリング車としてどうか? って不安があります。これにキャリアを付けないとならないんですが、その辺の耐久性なんかも未知数なんですよね。

 ここで、一ついいモノがあるんですよね。それは これなんですねぇ。フレームがハイテンションスチールなので、どういう性能なのかは言うまでもないんですけど、この価格は魅力です。泥除けもあるし。ただこの泥除け、簡単に外れない仕様だと(って、たぶんそうでしょう)輪行の際にいろいろと面倒がありそう。(;_;) この辺、いい方法などあるといいんですが…。

category: 自転車

1999年09月22日(Wed) [長年日記] edit

デジタルカメラ

地元から見る富士山。Cannon PowerShot A5

 曲がりなりにもカメラ好きの自分は、デジタルカメラに出会うや否や、その可能性にひかれ、かれこれもう4台目を数えるようになりました。でも、自分のMacのフォルダーを覗く限り、4台も持ってきたほどのファイルは、正直言ってありません。カメラも絵と同じで「何枚撮影してきたか」というのは、スキルを上げるためには必要不可欠と考えます。今までの自分はその点まだまだ数が足りないわけです。

 というワケで、これからは出来る限りいろんなスナップを撮っていこうじゃないか! ということをなぜか昨日突然思ったりしました。しかしこーゆーのは得てして三日坊主が関の山。そこで、なるべく自分にプレッシャーを与えるべく、今後、この日記のページに一枚ずつ掲載していこう! と、昨日の分からやってるんですけど、どーなりますかね。(^^;

category: カメラ

1999年09月23日(Thu) [長年日記] edit

再びデジカメ

清洲橋。CASIO QV-8000SX

 またもやデジカメを買ってしまいそうです。

 今度狙っているのは、CASIOのQV-8000SX。その名の通り、SXGA(1280×960)サイズ、130万画素のデジカメ。
 何かを買おうとするときは、私はいつもここにその理由を書いて、自分で分析しているのですが、今回もご多分に漏れません。(苦笑)

 さて、ではなぜQV-8000SXなのか。

回転式レンズ

 これは以前にQV-10Aを使っていた時から感じていたのだけど、とにかく「回転式レンズは便利!」なのです。  一度これの虜になると、なかなか他のは使えない…コトはないけれど、寂しいのです。

動作が機敏

 今メインで使っているCannon PowerShot A5は、今でもとても気に入って使ってます。画質はそれなりだけど許せる範囲だし、なにより小さくて、そして意外とバッテリーが持つ。でも、ただ一つ「動作が緩慢」なのです。露出補正するにものろのろ…。プレビューを見るにものろのろ…。そしてシャッターラグが長い。イルカショーでイルカが飛び跳ねた瞬間にシャッターを押しても、映っているのはすでに水の中に降りた水面の波紋だけ。カメラとして、これはあまりにも性能不足。もっときびきび動いて、しかも連写など出来ると最高じゃないですかねぇ。(⌒▽⌒)

動画撮影

 でも、音声は録れません。(笑) まぁでも、遊び心が感じられていいですよね。これをベースに、webでのアニメーションGIFだって作れるでしょう。わざわざビデオカメラを使わなくても、これだけで完結してしまいます。いいですよね。
 でも、最長で10秒しか撮影できないんですよね。でも、今時10秒ってのが、「おまけで付けました」的で、許せます。(^^;

豊富な撮影モード

 C-1400Lのインプレでもちらりと書きましたけど、銀塩一眼レフカメラなどでは、多彩な撮影モードが用意されてます。ポートレート、遠景、風景、スポーツなどなど。撮影するシチュエーションによって切り替えることで、そのシーンに合った露出などを設定してくれるのは、わずかな技術で最高の絵を得ることが出来、使うものにとって「おお、自分でもこんな絵が撮れるのかっ!」ってコトで、さらにそこからスキルアップを目指そうと思うことが出来るでしょう。
 QV-8000SXにも、こういうモードが用意されてます。しかも、後述しますが、光学8倍ズームにより、ポートレートモードでもしっかりとぼかしの効いた絵を撮ることもできます。

光学8倍ズーム

 35mmカメラ換算で40~320mm相当。これ、凄いです。ただ、残念なことにワイド側が足りない気がするんですが、これはまぁ、ワイドコンバーター(テレもある)が用意されているので、いいとしましょう。そしてさらにデジタル2倍、4倍もあり、前述のワイドコンバーター、テレコンバーター、デジタル2~4倍を総動員すると、28mm~1920mmをカバーする計算になります。まぁ、デジタルズームは私は嫌いなので、それを使わないとしても、28mm~480mmをカバーする事が可能です。
 さすがにここまで来ると、望遠側でも三脚は不可欠ですね。(^^;

最長64秒のシャッター

 最初、こんなの何に使うんだよ? って思いましたが、それは私のノウハウの無さを露呈するだけでした。今…というか、昔からあるのかもしれないけれど、光量を落とすNDフィルターというのがあるんですね。それを使うことで、ある程度明るいところでもロングシャッターが切れるわけです。これにより、渓流の水の流れなどを止めることなく、美しく表現することが可能となります。しかもなにが凄いって、そのための“ワイヤード”リモコンが同梱。「何でワイヤレスじゃないんだ!」と思うでしょう。私も思いました。しかしこれはレリーズ代わりなのです。これは、ロングシャッターを生かすための存在なんですね。開発者の意図が感じられて、思わずニヤリ。さらに凄いことに、インターバルタイマー内蔵!
 蛇足ながら、高速側は1/2000秒です。申し分なし!

HTML自動作成

 これ、最高に便利です。挿したカードの中で勝手にHTMLを作って、簡単にwebブラウザで閲覧することが出来ます。しかもこれ、JAVAまで使っていて、見ている画面の大きさに自動的に画像を調整して表示してくれます。すげぇ!
 旅行なんか行って、帰ってきてから友人に画像を配るとき、いちいちHTMLを作らなくていいんです。(^^;

 さて、次はその欠点なんですが、カタログには欠点など書いてないので細かいことはわかりません。(笑) しかし、秋葉原のお店で自分のCFを挿して撮影してきた画像を見ると、いくつか書けそうです。

色の境界で発生するジャギ

 大きく違う色の境目に、派手目にジャギが発生します。

若干不足気味に感じるシャープネス

 ただし、撮影時にシャープネスの調整が3段階で可能なので問題無しかも? でもシャープネスを上げたら上記のジャギをさらに誘発する可能性も?

飛ぶハイライト

 これは、主に屋外撮影で出ます。使用している原色CCDを生かすため、メリハリのある絵作りをしているのが災いしているらしいのです。ここはNDフィルターやら、露出補正などで対応するしかないですね。

据わりの悪いデザイン

 デザインは、決して良いとは言えません。レンズ部分がでかくて、見た目のバランスも悪いです。でも、私はレンズが大きいカメラは好きなので、この辺は納得できるでしょう。大きさも意外とあるんですが、これもまぁ、このための2.5インチ液晶ファインダーが実現できているのだし、思った以上にホールドしやすいからいいとしましょう。で、これ、見た目に反して意外と左右のバランスがいいので、両手で持つとしっくりきます。逆に言えば、片手で撮影するようなカメラじゃないということも言えますね。

独特の操作系

 回転式の電源スイッチ、そのすぐ前にあるズームのスライドレバー。なぜか混同してしまいます。電源を入れてズームさせようとすると、なぜか電源を落としてしまうんです。(^^; ま、これは慣れるでしょう。

 ま、いろいろと述べてきましたが………、いいですね。(笑) webでいろいろとQV-8000SXの画像を落としてじっくり見てみたり、プリントしてみたりしましたが、OLYMPUS C-1400Lにはちょっと落ちるけど、テクニック次第(何せ、絞りは3段階だけどシャッタースピードなどは自由自在だし)でいろいろと出来そうです。C-1400Lはもう撮影するしか無かったので、楽しめそうな感じ…。

 さて、私の行く末はどうなるんでしょうか。(笑)

category: カメラ

1999年09月24日(Fri) [長年日記] edit

STUMPJUMPER改造計画

我が家の「ロッキー」の若かりし頃。(笑) 今はもうデブデブに太っちゃってます。MINOLTA Dimage V

 デジカメを買ってしまったことにより、しばらくの間新しい自転車は買えそうにありません。

「えっ? まだ買うの?」

 そう思われた方、ええ、まだ買おうと思ってるんです。(笑)

 しかし、さすがに今は辛い。でも、ツーリング車が欲しい~。この欲求を何とか満たすべく、今、一番楽に乗れているSPECIALIZEDのSTUMPJUMPERをなんとかツーリング車に改造してしまおうと計画を変更したのでした。

 私のツーリング車に対する定義というものがあるんですが、まぁ、実現不可能なところは目をつぶることにしました。(ドロップハンドルとか)
 で、これからすべきことは何でしょうか。リストアップしてみましょう。

キャリア取り付け

 フロントに、なにが何でもキャリアを付ける必要があります。最近では、フロントサスペンションMTBにも取り付けられるキャリアがあるに違いない! という希望のみで話を続けましょう。(^^; これが不可能だとこの計画はすべて断念となりますが…。

泥除け

 ツーリングにおいて必要不可欠なのがこの泥除け。しかし、MTBにはしっかりとタイヤを覆った泥除けはありません。ここは致し方ないですが、中途半端なMTB用の泥除けで我慢することにしましょう。

ハンドル切りつめ

 これがどの程度効果があるのか不明なんですが、現状のハンドルの長さ(約57cm)でロングを走ると、肩のあたりが疲れるような気がするんですね。ドロップハンドルでは、ハンドル幅はその人の肩幅に合わせると言われています。というワケで、MTBでもそれに合わせるべきじゃないだろうか…とか思って、これはすでにやってあります。まだロングを走ってないので効果があったのかはまだわからないんですけどね。

 でも、ハンドル幅が狭くなることで、オフロードの走破性が犠牲になってしまいました。ま、この辺も目をつぶることにしましょう。
 とりあえずやるコトって、これくらいなんですよね。(^^; でも、一番の難関がキャリアです。
 この計画ははたしてどうなるのかっ!?(>▽<) って、最近こんなのばっかりかも。(笑)

category: 自転車

1999年09月26日(Sun) [長年日記] edit

庭先ゃ、多摩湖~♪

多摩湖で鳩に囲まれました。餌をくれるのだと思ったらしいです。CASIO QV-8000SX

 昨日は多摩湖まで遠征してきました。それなりに距離はあるだろうと思って行ったんですが、なんと往復100kmありました。しかも残暑厳しく、気温33度を越える中だったこと、暑さのために食欲が無くてなにも食べなかったコトもあって、凄くきつかったです。

 多摩湖というのは、志村けんさんの「東村山音頭」で初めてその存在を知りましたが、行くのは初めて。半周しかしなかったんですが、湖の周りの自転車道は意外と起伏に富んでいて、なかなか走り堪えのある道で気に入りました。でも、湖の周りにはフェンスが張られ、ほとんど中を見ることが出来ないのがつまらなかったです。

 湖の周りには休めるベンチや出店などがあって、人でにぎわってました。近所の人などはいいですよね。

 この日、出動したのは下記の日記にもあるSTUMPJUMPER。ハンドルを57cmから51cm(左右3cmずつ)にカットしたハンドルがどう影響するかのテストもかねていたんですが、これがなかなか良い。初めは幅の狭さに「ちと切りすぎたかな?」と思ったんですけど、ちょうど良い感じです。

 しかも、ありがたいことにハンドルが引きやすくなり、苦手だったステアケース(段差乗り越え)がちょっぴり上手く出来そうな予感が…。(^^; 今までぜんぜんコツすらもわからなかったんですが、何かが見えたような気がしてきました。オフローダーやトライアラーはハンドル幅が広いものだという既成概念があったんですが、こういうのも悪くないのかも…?

category: 自転車

1999年09月27日(Mon) [長年日記] edit

車輪行のススメ

以前、友人と長野へ旅行に行った先で観光した上田城での一枚。OLYMPUS C-1400L

 今朝のTVで駐車違反について取り上げてました。大阪の御堂筋などはものすごいですね。今は知らないですけど、以前、車でよく通過していた夜の銀座並みの違法駐車の多さ。いや、銀座より凄いかも。

 私はもう車を手放してしまったので、今となってはもう他人事(でもたまに親の車を借りたりしますが)なんですが、確かに停める側の言い分はわかります。それが特に仕事であるならなおさら。品を納めるには車を停めないとならないですからね。

 駐車場の少なさ、あっても目的地まで遠いなどの問題もあるでしょう。

 でも、たとえ仕事とはいえ、その結果が引き起こすかもしれない悲劇をどう思っているのか? と言うのもわかります。仕事で、会社のために違反を承知で停めているんだと言うかもしれません。でも、それで何かがあった場合、会社なんて冷たいものです。どこまで味方になってくれるかわかりません。場合によっては全部その社員が責任をかぶるコトになる可能性だってあるワケです。停める人には、それほどの覚悟があるんでしょうかね? 私が車に乗っていた頃はそんな覚悟なんてみじんも持ってなかったです。それでも違法と承知で停めていたことは数知れず。

 とにかく、すべてに対して「停めるな」とは言えないのが実状です。減らしたいのは「何気なく」停めている人。私がよく違法駐車していたのは、そこが目的地に近いから…という理由がほとんど。駐車場がどこかにあるのがわかっても、遠ければ行きません。しかしそんなことを言っていたらキリが無い。じゃ、遠くても楽に行けるならいい。それくらいまで妥協しましょう。

 というワケでの提案。

 折り畳み自転車を車に積んで出かけましょう。

 これなら、いくら駐車場が遠くても、目的地まで楽に行けます。例えば、家から目的地まで30kmあるとします。ここまで自転車で行こうというのは、普通の人には無理な話。とりあえず近くまで車で行きましょう。そして、必ず駐車場に車を入れます。そこから自転車です。

 自転車はいいですよ~。そういう短い距離でも、自宅の近所とは違う雰囲気が感じられるし、何か新たな発見があるかもしれません。車だったら絶対に通らないだろうという道で、もしかしたらバーゲンセールなんかやっているかもしれないし!(>▽<)

 というワケで、この意見に賛同していただけた方、即刻自転車を買いに走りましょう。  でも、なにを買えばいいのかわからないよ~という方もいらっしゃるでしょう。その際は、遠慮なく私にメールを! まずは予算を教えて下さい。そこから話し合いましょう。(⌒▽⌒)

 時代は折り畳みです! ええ、たぶん、きっと。

category: 徒然 自転車

1999年09月30日(Thu) [長年日記] edit

徒然シリーズ

ディズニーランド近くのホテルの前にて。OLYMPUS C-1400L

 今日はとりとめもないことを書いてみたり…。

イザム、ひなの離婚

 この二人、「あっという間に終わるか、ずっと続くかの両極端」かと思っていたのですが、意外と続きましたね。でもまぁ、今時の人たちは別れるのもずいぶんカラッとしてますなぁ。(笑)

 個人的意見なんですが、私はひなのは大嫌いなのです。ああいうダラダラした人は見ているだけでも腹が立ってきてしまうのですよ。(^^; だからまぁ、イザム君、よかったね。(笑)

最近のお気に入り

 なんて書くのも変かなぁ。最近、スーファミに興味が出てきてます。ソフトはさすがに少なくなってきましたが、売っているモノはかなり…というか相当値が崩れてきて安い。1,000円でお釣りが来るソフトもあるくらい。中古屋ならそれなりに種類も豊富。

 私くらいの甘ちゃんゲーマーには、スーファミくらいでちょうどいいのです。チャチな絵、音ですが、ゲームはやはりシナリオとシステムが良ければ楽しめるのです。

 今くらい時間が過ぎていれば、いろいろな情報も聞けるので、変なソフトをつかむ危険性も減ってきますしね。

 というワケで、また今日も中古ソフト屋に入り浸るのでした。(^^;

ワイドショーにて思うこと

 なんで芸能レポーターってあんなにずうずうしいんでしょうかねぇ。芸能人のスキャンダルなんかでは特にそうなんですが、例えば離婚だなんて話になると、その真実究明にやたらと躍起になりますよね。芸能人の側としてはそんなの話したくないだろうし、話す権利なんてのも無いわけですよ。でも、その問いつめ方と言ったら、まるで汚職で捕まった政治家を問いつめるようなキツイ言い方をしていることもあります。「真実を言うべきですよ!」なんて今朝もTVでわめいてましたが、バカだな~って思っちゃいます。こいつらにはヒューマニズムってものが全く欠けちゃってるんでしょう。

 芸能人のスキャンダルに限らず、人は噂話というのが好きみたいですが、これも無けりゃ無いで誰も文句は言わないと思うんですよね。放送や雑誌などで流すからみんな見てしまうわけで…。

 TBSなどは、ある事件を境にワイドショーから撤退していましたが、そのおかげで私はTBSにチャンネルを合わせる機会が増えてしまいました。ワイドショーなんかやらなくても、楽しい番組は作れるし、視聴率も上げられるはずなんです。

 人の不幸で儲けている芸能レポーター、あんたら、いい死に方はしないぞ。

category: 徒然 報道

最新 追記

1998|04|05|06|09|10|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|03|04|05|06|
2002|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|


ブログ内全文検索(grep.rb)

Twitter

@ittokudayo からのツイート

最近のコメント

  1. いっとく (12-06)
    ありがとうございます。 でもこういうことは自分で管理出来なくなった時点で終わりだと思っています。出来ないなら他社の..
  2. みの (12-05)
    不具合が出たらお知らせください。 無償でバージョンアップも含め、調査、対応作業をします。 お気軽に相談くだされば..
  3. いっとく (10-26)
    ちょいと調べてみたところ、上記でOKみたいですが、モバイルSuicaの利点の一つだった、指定席でも普通料金以下で乗れ..
  4. いっとく (10-26)
    ん? ちょっと整理させてください。 ビューカードによるオートチャージが可能であれば、Safari等のブラウザを使..
  5. みの (10-26)
    ネットでチケット予約も、ビューカード決済ならチケットレスですよ。モバイルSuicaと全く変わらないと思います。アプリ..

最近のエントリー


画像一覧はこちら!

買いまくった高中正義サマ作品群 カップスター しょうゆ味 今日はタンメンの日 やっと買えた高中ピック ディズニーランドにて(iPhone 6 Plusで撮影) カバー取り付け 開封 iPhone 6 Plus白箱 OCNモバイルONE ナノSIM 高中正義氏「夏・全・開」をゲット