いっとくの戯言書庫

自転車とディズニーとカメラとAppleとウクレレとギター好きのブログです。

 過去のエントリーはこのページ下端にリンクがあります。
 当ブログでは「Amazon.co.jp アソシエイト」を利用しています。

最新 追記

1999年03月02日(Tue) [長年日記] edit

My second wind?

 とりあえず職を失う事は決まりました。でもそこから先が何も決まっていない。ふつう、こういう場合は次の目星をつけてから辞めるものなのだけど、今回ばかりはさすがにうかつだったなぁ。

 なんにせよ、退職金は出るでしょう。およそでどのくらい出るかはわかってる。節制すれば最低でも半年は働かなくても大丈夫か? 自宅だというのもあるんだけどね。でも、毎月家に入れている分はそのまま入れていかないとおん出される可能性もあるので、そうなるともうちょっと短くなるか…。

 去年から考えていた事があって、というか、以前ここの日記にもちょっと書いたかもしれないけど、自転車で北海道を走ってみたいんですよ。ただ、それをやるには仕事を辞めなくちゃならない。2~3日だけ行くのじゃ面白くないしね。だからこれは夢だけで終わるかな? なんて思っていた矢先の異動の話だったから、もしかしたらこれはいい話なのかもしれない。

 貯金は若干あるので、それを握り締めて1ヶ月くらい行けたらいいなぁ。  ツーリング用に買った自転車は、長くても3泊くらいの荷物しか積めないので、この辺がちょっと思案のしどころだなぁ。だからといって本格的なツーリング自転車をまた買えるほどの身分じゃないし。買えたとしても細かな調整に時間がかかるから時間的余裕が無いしね。荷物のパッキングの問題はなかなか難しいかもしれない。

 まぁ、行くかどうかは別の話にして、この先、就職口は無いに等しいから、しばらくはアルバイトでもして食いつなぐしかない訳で…。とりあえずそれで2~3年、景気の動向を見つつやっていくしかないのかな…と。しかしそれと同時に私もそれなりに年を取っていくんだから、そうなると年齢的にもっと就職がきつくなる。少しでも有利に持っていくためには手に職をつけないといけないのかも…とか思ってます。

 のんびりはしていられないけど、やめたらしばらくはのんびりして、それから慌てようっと。英気を養わないとね。(笑)

category: 日常

1999年03月11日(Thu) [長年日記] edit

誠心誠意尽くします……?

 最近、世間を騒がせている梅宮アンナ、羽賀研二の破局話。  あれをワイドショーなどで見ていて思うのは、とにかく羽賀研二が悪人にされてしまっていることがなんだかとても不憫だということですね。

 億の単位の借金があるということ自体、私の感覚からすると首吊りモノなのだけど、まぁ、芸能人というのは収入が違うから、一つか二つくらいの桁の違いがあるんでしょう。それにしても楽に返せる額じゃないですが。

 私の目から見て、彼がなぜここまで非難されるのかというコトの理由に、「借金」「プレイボーイ」の二つが上げられると思います。借金が無くて、行動も実にまじめな好青年だったとしたなら、ここまで非難されることもないだろうと思うんですよ。でも、それってどうしてなんでしょうね。

 TVで彼のことを非難しているキャスターたち。果たして彼らは羽賀研二という人間のことをどれだけわかっているんでしょう。表面だけ見て、勝手なことばかり言っている。さも「俺たちはまともだもんな」と言いたげな口振りで。  こういうことの顛末は当事者たちでしかわかり得ない部分は必ずあるし、また、それは他の人間にはいくら説明しても伝わりきらないモノだと思うんです。それを知ってか知らずか、ほとんどいじめの世界になってしまっている。

 梅宮アンナには同情が集まっている。「あんなに献身的に尽くしたのに…」なんて周りから言われてる。バカ言っちゃイケナイ。「…のに」という言葉は見返りを期待する汚い言葉だと思うんです。「…のに」が入ったとたん、それはもう献身的なんて言葉ではくくれないモノだとも思います。彼女は自分の意志で彼を助けようとしていろいろ尽力した。それは自分の行動であるし、責任は自分にもかかってくるモノです。彼女は、借金を返しきれなかった彼を責めることはできません。お互い、たどり着けなかった事実を知るべきです。力を合わせると言うことはそういうことです。

 今回立派だったのは、アンナの父親である梅宮辰夫氏ですね。どちらに付くわけでもなく、淡々と記者の質問に答えていました。あれがひどい親になると男役は徹底的に叩かれるはずなのに…。  ようするに、羽賀研二はそれだけ梅宮辰夫の心をつかみかけていたと思うんです。だから彼は羽賀研二を責めたりはしなかったのだろうと。羽賀研二自身も遊び呆けていたわけじゃない。努力はしていた。でも、自分で言った2年という期間で全てをこなせなかった。その責任は取らねばならない。TVでは未練たらたらという感じだけれど、とにかく今を乗り越え、借金を全て清算する。それがまずやらねばならないことだろうと…。頑張って欲しいと思います。

 今回のこの騒動を見て、とにかく悲しくなりました。  なんてコトを書きつつ、私自身も彼らのことを知っているわけじゃないんですけどね。(笑) 知った風なことを言う私も同じ穴のむじなです。ええ。ごめんなさい。

category: 日常

1999年03月12日(Fri) [長年日記] edit

私が退職願を出したワケ。

 3月3日にようやく(と言っていいモノか)私の退職が決まりました。

 この職場はまる7年で、今年から8年目に入ったところ。業務内容はトナーインキ製造。いわゆる「汚い」「暗い」「危険」の3Kという奴ですね。ウチではさらに「うるさい」ってのも加わるかも…。

 入社した当時は、バブル崩壊直後で、まだまだ何とかなっていた頃でした。そのため、私みたいな学歴の人間でも中途採用で東証一部上場企業(入社当時はまだ上場してませんでしたが)へ滑り込むことができたんです。

 以前の会社を辞めたときは夢が一杯で、さぁ、なにをやろうか、どこへ就職しようかとやっきになっていました。しかし、目標が全然定まっていなかったため、探しているウチに自分でどうしていいのかわからなくなってしまったんです。結局2ヶ月ほどブラブラしている状態(間にちょっとだけアルバイトしてましたけど…)が続いたころ、父親の勧めで今の職場に入ることができたと。要するに、道には迷ったが彷徨うこともなく、適当なオアシスに身を預けてしまった…てな感じですか。

 ただ、新しい職場はやることも新しいからとにかく新鮮で楽しく、1年などはあっという間に過ぎていくくらい、充実してました。

 ところが、その時の部長が定年ということで退職し、その下にいた人が新たに部長になってから、何かが変わり始めました。

 こういうところで人の悪口を書いてもしょうがないのでさらっといきますが、つまり、この人は「自分の、上司へのメンツを保つためには平気で部下を盾にする」部長なんです。実際にこの事業所内で顔をつきあわせているメンツの中で、この人が一番上の立場なワケで、それより上の人間は普段は本社などにいる人なんですよね。つまり、我々にとってこの人は最後の砦になって欲しい人なのに、平気で砦の門を開けちゃう人なんです。なにかあった時の責任は全て我々にのみかかってくると。もちろん、仕事である以上責任は負うつもりで居るんですが、「俺は知らん」みたいな顔をして、全然盾になってくれない。  まぁ、こんな人はどこにでもいるかもしれませんが、ひどいのはさらに自分の失敗まで部下に押しつけて来るんです。最低ですね。そのくせ、口を開けば「仕事は責任を持ってやれ」だのと臆面もなく言ってくる。

 まぁ、こんな毎日です。書けば時間があるだけ書けますけどね。(笑)  私自身、甘いのかもしれません。世の中、もっと厳しいところがあるであろうコトも想像できます。とはいえ、それで人間なんでも辛抱できるなら、TVやラジオの人生相談なんて存在しないし、自殺する人間だってこの世から居なくなることでしょう。

 「我慢できないこと」は我慢できないし、「許せないこと」は許せない。

 ただ、私には反論するほどの「口」がありませんでした。何かを言う度に、見事なまでの部長の理論武装に徹底的に封じ込まれていました。話を聞いてはもらえない。一言言えば10倍の罵声となって返ってくる。私はそれから彼に対してモノを言うことを避け、たとえそれが仕事の報告であっても黙ってしまうようになりました。

 そしてしばらく、そういった浮ついた状況の中で、大きなヘマを2度もやってしまい、仕事に対する自信を完璧になくしました。「辞めよう」 もう辞めるしかない。しかし、辞めてどうなる。この不況、辞めたところで働き口はない。どうする? そんな状態でまた日々を過ごすようになったある日、決定的な一言が私の気持ちを固めました。

 部長の 「お前がやってる仕事なんかなぁ、パートだってやれるんだ!」

 …なら、なぜ首にしてパートを入れないんだ。誰でもやれるコトなら、正社員がやらなくたっていいだろう。  もちろん、反論はしませんでした。もう、何を言う気力も、精も根も尽き果てていましたから、ただ頷くだけです。  もう潮時なのかな。あとは、きっかけが欲しい。自分を突き動かすだけのきっかけが。

 そんなコトを考えていた今年2月、人事の異動で私が選ばれたという決定的な書類を見てしまいました(本来は当然、内示されるまで秘密である)。私はそれを持ち、部長のデスクへ赴き、その書類を突き出して「こういうコトで決まりなんですね」と、半ば諦め書けたような口調で訪ねました。

 返ってきた言葉は、

「まだ決定ではない」

 でも、時期的に見てそんなことはあり得ない。決まっているはずだ。単に言わないだけだ。  結局これを決定打として、私は退職願を出すことになりました。

 言葉にするとずいぶん簡単に見えますが、何しろ7年です。一朝一夕で決めたことでもありません。考えそのものはずいぶんと前からありましたが、きっかけが見つかりませんでした。  こうなってしまった以上、突き進むしかありません。自分で決めたことだから、自分の力で進むしかありません。  今の世の中は大波で荒れ狂った、海のど真ん中みたいな状況です。そこへ一人飛び込むというのはさすがに恐いです。私の周りの人たちも、有無を言わさずに放り投げられています。どうなるかはわからないですが、とにかく、まずは飛び込むしかありません。

category: 仕事

1999年03月13日(Sat) [長年日記] edit

欲しいマシンがありまス!

 今、非常に困ってます。

 何かというと、現在計画している長期ツーリングでの「アイテム」について。  今回、旅行中の画像や日記はリアルタイムでftpしていこうと考えてるんですけど、それを可能にするマシンが今現在この世に存在していないという、思わぬ問題が上がってます。

 やりたいことは、webとE-Mail、ftp、デジカメ画像のレタッチ。そしてさらに長期の宿無し生活に耐えうるバッテリー。それと、可能な限り軽いこと。  今現在手元にあるマシンで選ぶなら、VAIO 505で決定なんですが…。でも、これは長くてもバッテリーは4時間(標準と大容量合わせて)。さらに諸々の装備を合わせれば重量は2kg近い。正直言ってこれは重い。しかもバッテリーは持たないし…。通信をしてしまえば一気に減ってしまう。これが例えば3日に一度宿に泊まって充電したとしましょう。最大で1ヶ月滞在したとなれば宿泊は10回。一回で1万円でも10万円です。シャレにならないですねぇ。バッテリーの問題はかなり深刻です。大容量バッテリーは、定価で3万円もするんです。スペアにいくつも買えないし、あっても重いだけ。

 一応、Windows CE機も調べてみましたが、これはバッテリーは結構持つものの、機能的にてんでダメ。CE機はまだまだアプリケーションが追いついてないですね。

 はぁ、私の旅の用途にかなうマシンがどこかに無いモノですかねぇ。

category: 物欲

1999年03月14日(Sun) [長年日記] edit

電脳機器ってば金食い。

 今日はGPSをちょっと見てきました。
 北海道で道に迷ったらシャレにならないと思ったので。

 とりあえずは簡易ナビとパソコンで使うGPSキットなどが移動用に適しているみたいですね。機能的にはパソコン用はカーナビに匹敵するほどなんですけど、常に道を監視するわけにはいかないんですよね。「あれ?」と思ったら止まって、パソコンを取り出し、起動してチェックする。結構面倒。簡易ナビなら点けっぱなしでずっとルートを監視できるし、しかもルートを記憶してくれて、どういう道を走ってきたのかもわかる。でも内蔵の地図は詳細じゃないし、画面も小さくてモノクロ。

 基本的には紙の地図を持っていくことになるとは思っているんですけど、結局地図なんてのは自分の今の居場所がわからない限り何の役にも立たないシロモノなんですよね。だからなんらかの手段で常に自分がどこにいるかを把握しておかないとならないわけです。  千葉ツーリングの時はそれで2回ほどあちこちうろうろしたり、不安だらけで「この道でいいのかな~」なんてやってましたから…。(ただ、これは単に持っていった地図があまりにも大ざっぱだったのが大きな原因ですが…)

 さて、簡易ナビのジャンルではこの度6月発売予定でCASIOから腕時計型の簡易ナビが発売されます。今日見てきた簡易ナビよりも低機能だとは思うんですが、あの小ささは魅力です。いずれにしても発売を待つしかありませんね。

 他にも何かいいのご存じでしたら教えてください。(^^;

category: 物欲

最新 追記

1998|04|05|06|09|10|11|12|
1999|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|03|04|05|06|
2002|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|
2004|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|


ブログ内全文検索(grep.rb)

Twitter

@ittokudayo からのツイート

最近のコメント

  1. いっとく (12-06)
    ありがとうございます。 でもこういうことは自分で管理出来なくなった時点で終わりだと思っています。出来ないなら他社の..
  2. みの (12-05)
    不具合が出たらお知らせください。 無償でバージョンアップも含め、調査、対応作業をします。 お気軽に相談くだされば..
  3. いっとく (10-26)
    ちょいと調べてみたところ、上記でOKみたいですが、モバイルSuicaの利点の一つだった、指定席でも普通料金以下で乗れ..
  4. いっとく (10-26)
    ん? ちょっと整理させてください。 ビューカードによるオートチャージが可能であれば、Safari等のブラウザを使..
  5. みの (10-26)
    ネットでチケット予約も、ビューカード決済ならチケットレスですよ。モバイルSuicaと全く変わらないと思います。アプリ..

最近のエントリー


画像一覧はこちら!

買いまくった高中正義サマ作品群 カップスター しょうゆ味 今日はタンメンの日 やっと買えた高中ピック ディズニーランドにて(iPhone 6 Plusで撮影) カバー取り付け 開封 iPhone 6 Plus白箱 OCNモバイルONE ナノSIM 高中正義氏「夏・全・開」をゲット